« 「切り絵」博覧会が今里で | トップページ | お台場でチームラボ体験 »

2019年4月19日 (金)

六本木で現代アート展

Photo_43

 テクノロジーをつかってみる、社会を観察してみる、ふたつをつないでみる! 日本の現代アートの今を見せたい!とうたった「六本木クロッシング2019展:つないでみる」が森美術館で開催中だ。「おもしろい」と同時に「むずかしい」が混ざった、まさに現代アートらしい展覧会だ。すごく興味を惹かれるものもあり、サッと通り過ぎるものもある。

Photo_52

 飯川雄大の「ピンクの猫の小林さん」、青野文昭の「ベンツの復元から―東京/宮城」、ヒスロムの「いってかえってー浮力4」、目の「景体」、竹川宣彰の「猫オリンピック:開会式」など、印象に残る作品がたくさんありました。難しく考えることなく、それぞれの作品世界に浸る。単純におもしろがるのもいいし、作家はこんなことを考えたのだろうかと推理しながら観るのも楽しい。

Photo_47

 キュレーターの説明によると現代美術からファッション、AI、人工生命まで、今日の表現を通して見える「つながり」に注目した展覧会だそうだ。対極のものを接続する。異質なものを融合する。本来備わっている繋がりを可視化する。25組のアーティストが表現するさまざまな「つながり」が、現代の「分断」に向き合うためのヒントになるかも、とも書かれている。

Photo_51

 企画する側からは展覧会として何らかのまとまりのあるメッセージを伝えたいから、このような難解な説明になるのでしょう。でもアートは観る人が自由に感じればいいもの。なぜなら、作品は展示した瞬間から作家や美術館のものではなくなり、観客一人一人のものになると思うからです。アーティストの意図は尊重するけれど、縛られる必要はない。作家も観客もとことん自由になれる。それが現代アートだと思います。いちファンより。
 
六本木クロッシング2019展
つないでみる
2019年2月9日(土)~5月26日(日)
森美術館

|

« 「切り絵」博覧会が今里で | トップページ | お台場でチームラボ体験 »

展覧会情報[2019]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「切り絵」博覧会が今里で | トップページ | お台場でチームラボ体験 »