« 最新の、スター誕生 | トップページ | 冬枯れも、また楽し »

2019年1月 7日 (月)

マリア・カラス、真実の人生

Photo_4
 「マリアとして生きるには、カラスの名が重すぎるの」。これはオペラ史上最高の歌手、マリア・カラスの言葉です。ドラマチックな53年の生涯は、音楽界にとどまらず社会的にも広く関心を集め、後の世界に多大な影響を与えた。そんなカリスマ歌姫のドキュメンタリー。

Photo_2
 この映画は舞台やコンサートの映像、TVのインタビュー、ニュース映像、未完の自叙伝など、すべて彼女に関する事実で出来上がっている。ここには誰か女優さんがマリアを演じた部分はまったくない。それが潔い。それが映画に凄みを与えている。トム・ヴォルフ監督の見事な構成です。

Photo_3
 女王や大統領も駆けつける圧倒的なステージ。その成功の影に隠された苦悩とスキャンダルやバッシング。愛や家族を切望するマリアと、倒れるまで歌うことをあきらめなかったカラス。そのどちらもが彼女の真実の姿だったのだ。

Photo_5
 歌に生き、恋に生き(プッチーニ「トスカ」)、清らかな女神よ(ベッリーニ「ノルマ」)、私のお父さん(プッチーニ「ジャンニ・スキッキ」)、さようなら、過ぎ去った日々よ(ヴェルディ「椿姫」)、恋は野の鳥(ビゼー「カルメン」)・・・。歴史的な魂の歌声がライブ映像で楽しめるのは、この上ない幸せでした。

|

« 最新の、スター誕生 | トップページ | 冬枯れも、また楽し »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マリア・カラス、真実の人生:

« 最新の、スター誕生 | トップページ | 冬枯れも、また楽し »