« タイトルは、月まで三キロ | トップページ | 淡路島でスイセンが満開です »

2019年1月16日 (水)

切り絵でここまでできるのか

Poster
 11人のカミワザ、超絶技巧の切り絵ワールドへようこそ! こんなキャッチフレーズで、「切り絵アート展」が開催されている。アーティストは蒼山日菜、井出文蔵、酒井敦美、関口コオ、辰巳雅章、筑紫ゆうな、倪瑞良、林敬三、百鬼丸、福井利佐、柳沢京子の11人。それぞれが追求している独創的な世界が楽しめます。

Photo
 切り絵といえば、一枚の紙から切り出した白と黒のシャープな世界、と思っていましたが、そんな既成概念は見事に覆されました。何枚もの紙を重ねて切り抜き、そのあと再構成する。切った紙と描いた絵画を組み合わせて作品にする。など、手法もさまざま。道具もカッターだけでなく、切り絵専用のハサミなど、いろいろ。

Photo_2
 反射光(順光)と透過光(逆光)で違う絵に見える作品もある。これはLED照明を組み込んだ特製の額入り。そして啓蒙主義者ヴォルテールの文章の書き文字を作品にしたものも。こんな発想、信じられませんでした。もう『切り絵』という言葉でひとくくりなどできないほど、『切り絵』の世界は進化しています。

息を呑む繊細美
切り絵アート展
2019年1月12日(土)~3月24日(日)
神戸ファッション美術館

|

« タイトルは、月まで三キロ | トップページ | 淡路島でスイセンが満開です »

展覧会情報[2019]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/67593315

この記事へのトラックバック一覧です: 切り絵でここまでできるのか:

« タイトルは、月まで三キロ | トップページ | 淡路島でスイセンが満開です »