« ルミナリエの季節です、今年も | トップページ | ダンボールの新たな価値を創造 »

2018年12月16日 (日)

松蔭にてクリスマスの夕べ

1
 松蔭女子学院大学のチャペルでクリスマスのコンサートが、今年も開催されました。これを聴くと、あぁクリスマスが来たなぁ、と感慨を覚えます。クリスチャンじゃありませんが、イエスの誕生を喜び祝う学生たちのピュアな気持ちが心地よく感じられる。大きな愛のもと共に集い、共に祈る。たしかにこの時、チャペルは愛と平和を祈る場になっています。

Photo_2
 学生たちは、聖歌隊、オルガン奏楽、ブライダルキャプテン、としてそれぞれの役割を果たし、コンサートのプログラムは進む。「ダビデのむらざと」(聖歌 70)や「御子の民よ」(聖歌 54)や「かいばおけのほしくさに」(聖歌 76 75)・・・。バッハのオルガン曲「甘き喜びのうちに」BWV729や「パストレッラ」BWV590や「目覚めよ、と呼ぶ声が聞こえ」BWV645・・・。

Photo_3

 そして参加した聴衆も全員立ち上がって合唱する会衆賛美が2曲。第一部の最後に「もろびとこぞりて」(聖歌 69)、第二部の終わりに「まきびととひつじを」(聖歌 94)。どちらも良く知っている歌なので、みんな思いのほか大きな声で一生懸命に心を込めて歌っている。みんなで讃美歌を合唱するという文化は、仏教でお経を声をそろえて唱えるのと似ているのでしょうか。

Photo_4
 コンサートが終了した後は、外に出てチャペルの前の大きなツリーの点灯式に臨みます。全員で声をそろえてカウントダウンして鮮やかに点灯。電飾の色もホワイトとブルーで清楚な美しさです。街に流れるクリスマスソングやカラフルな飾りつけとは一味違うクリスマス。周りに雪が積もっていればもっといいのに、とないものねだりをしてしまいそうでした。

|

« ルミナリエの季節です、今年も | トップページ | ダンボールの新たな価値を創造 »

神戸のイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松蔭にてクリスマスの夕べ:

« ルミナリエの季節です、今年も | トップページ | ダンボールの新たな価値を創造 »