« 2018年10月 | トップページ

2018年11月

2018年11月18日 (日)

伝説のバンド「クイーン」の物語

Photo
 最初に告白しておきます。「クイーン」のこと、名前ぐらいしか知らなかったのです。ファンの皆さん、スミマセン。世代的にすこし後から出てきたグループなので。でもブライアン・シンガー監督の『ボヘミアン ラプソディ』を観ていると、アレッ聞いたことがある!アレッさわりを歌える!そんな曲がたくさんあることを発見しました。音楽に興味を失っていた時期だけど、知らないうちに耳に残っていたんだ。こういうのを名曲と呼ぶのだろう。

Photo_2
 この作品はクイーンのリードヴォーカル、フレディ・マーキュリーの波乱の人生を描いた伝記映画だ。移民、宗教、容姿、そしてゲイ。差別と偏見、無理解と疎外感。古い価値観に反発し、自分が自分であるために闘い続ける。
 誰もやっていない音楽を目指す強烈な思い。自らが作り上げ成功したスタイルさえも、破壊しさらに前へ進んでいく。周りの反発や軋轢を生みながら。

Photo_4
 そして1985年7月13日、アフリカ難民救済のために開催された「ライヴ・エイド」。バンド崩壊の危機にあったクイーンが参加し、ウエンブリー・スタジアムで圧巻のパフォーマンスを繰り広げる。この20世紀最大のチャリティ音楽イベントは、英米2会場にそうそうたるアーティストが集結。合計12時間、世界84ヵ国で衛星生中継された。

Photo_3
 Bohemian Rhapsody,  Radio Ga Ga,  Hammer To Fall,  We Are the Champion と続く感動のステージ。10万人の観客と一体になった熱狂の21分は、これが演技だということも忘れてしまうほど凄みがありました。魂を震わせるラストシーン。
 その後1991年に、フレディ・マーキュリーはエイズのため45歳で死去。「俺が何者かは俺が決める」。強烈に生きた彼の言葉です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

パリに魔法をかけたポスター

6_2
 1920年代から30年代のアートを代表するカッサンドルと並んで、フランスを代表するポスター美術の巨匠レイモン・サヴィニャック(1907~2002年)。第二次世界大戦が終わった後のパリの人々を明るいユーモアで魅了しました。復興、発展を予感させる彼の楽天的な世界観は、きっと前へ進む勇気を与えたに違いない。

Photo
 シンプルで明快なイラスト、インパクトのあるビジュアルアイデアで街を歩く人々に新鮮な驚きを与えたサヴィニャック。彼は商品に命を吹き込むことに成功し、それが20世紀後半の広告ポスター表現に新たな時代を切り開くことになった。伝えるメッセージは一つ、余分なことは言わない。研ぎ澄まされた一点にすべてを集約する。それが彼のスタイル。

Photo_2
 筆で勢いよく描かれた動物や子ども。奇抜な絵柄に一瞬驚いて、意味が分かってクスリとする。エスプリの効いた巨大なポスターが貼られたパリの街は、さぞ楽しかったことでしょう。オシャレな街角の景観の一部になっている写真も展示されている。人々をハッピーな気分にした彼は、まるでアートの杖を持つ魔法使いのよう。

Photo_3
 そしてサヴィニャックの作品は、フランスだけではなく世界中のアーティストやデザイナーに大きな影響を与えました。日本でも森永ミルクチョコレート(1958年)やサントリービール(1979年)、としまえんプール(1989年)のポスターなどが彼の作。原画やSPツールも含めて質の高い200点以上を兵庫県立美術館で鑑賞できます。

サヴィニャック
パリにかけたポスターの魔法

2018年10月27日(土)~12月24日(月)
兵庫県立美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

NOMUGIの準備作業も着々

Photo
 今年は秋の気温が高い日が多かったので、今ごろカラマツの黄葉が見頃です。しかもことのほか美しい。例年より10日ぐらい遅いと思う。この調子では冬も暖かいかもしれない。これも地球温暖化の影響か、暖冬は暮らすにはラクだけれどスキー場関係者にとっては気が気ではありません。

Photo_2
 NOMUGI=野麦峠スキー場も12月20日オープン予定ということで、準備は着々と進んでいます。さて、雪はどうなるでしょうか。標高の高い上のエリアだけ部分的に開業することもあるかもしれません。じつは昨年もそうだったのですが、下りを大型のスカイライナーで戻るのはちょっとねぇ、という感じ。

Photo_4
 スキー場の準備と言えば、ゲレンデの草やブッシュの刈り取り、リフトの整備、スノーマシンや圧雪車などの点検から、レストハウスやレンタルスキーショップの準備、スキースクールや救護体制の構築など多岐にわたります。そのそれぞれがやることはいっぱいある。雪が積もる前の今が、大忙しの時期。

Photo_3
 それに今年は新たにトイレ・更衣室棟の建設が大々的に行われている。施設が新しく快適になるのは結構なこと。いつもの年より土木・建設工事関係者の車も加わって、よりにぎやかだ。あとは雪乞いをしてゲレンデが真っ白く変わることを願うばかりです。いいところですから。

信州松本
野麦峠スキー場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

チュロス!あなどれないぞ

Photo
 チュロスと言えば映画館で売っているような砂糖をまぶした揚げ菓子、と思っていませんか? 先月バルセロナでXURRERIA(チュレリア)と呼ばれるチュロス専門店で食べた、揚げたてのチュロスは日本のものとはまるで別物。朝食に食べる人が多いけれど、うっすら塩味が効いたチュロスはワインやビールにも合いそうです。

Photo_2
 この本場のチュロスが神戸・元町の高架下に出現しました。1962年から続く老舗 Original Churrosが、こだわりの材料で作ったチュロス。揚げたてを急速冷凍して日本へ空輸しているという。それを温めてサッと出してくれる。外はサクッと、中はふんわり。揚げ物だけどとっても軽い。それをドロドロのホットチョコレートにつけて食べる。

Photo_3
 看板はチュロスの断面を貼り付けて、色もチュロスのイエロー。天井の照明器具もかわいいチュロス型。店内の壁にはヴィッセル神戸のイニエスタ選手のサインが。背番号の8も下に書くんですね。三代目の今の社長の奥様とイニエスタの奥様が同郷だとかで、家族で来てくれたそうです。

Photo_4
 Original Churros  カウンター数席の小さな店だけれど、ちょっとスペイン気分が味わえます。店で食べるのも良し、テイクアウトして歩きながら食べるのも良し。いわば大阪のたこ焼きみたいな食文化でしょうか。三宮・元町エリアを散策中、ちょっと小腹が空いたときにどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

藤田からFOUJITAへ

Photo
 戦争画を描いたことで批判された藤田嗣治。戦後ほどなくパリへ戻ってしまう。そして1955年にフランス国籍を取り、1959年にはカトリックの洗礼も受けてレオナール・フジタとなる。「私の夢」と題された作品は、さまざまな動物に囲まれた涅槃図のように見えて象徴的だ。

Photo_2
 パリのカフェで物思いにふける女性像。乳白色の下地や墨で描く繊細な輪郭線も復活している。この作品は額縁も藤田の作だ。彼は額縁だけでなく、自分の服や帽子、机や装飾木箱など、身の回りのさまざまなモノを手作りしている。自分のことを芸術家ではなく職人と呼んでいたらしい。

Photo_3
 洗礼を受けた後、敬虔なカトリック信者になったフジタは礼拝堂の設計と内装デザインも手掛ける。シャンパーニュ地方のランスにあるフジタ礼拝堂で、1968年の死後そこに埋葬された。聖母マリアを礼拝するフジタ夫妻の姿が描かれている作品もおもしろい。藤田を捨てFoujitaになった姿がそこにある。

没後50年
藤田嗣治展
2018年10月19日(金)~12月16日(日)
京都国立近代美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

エコール・ド・パリの藤田嗣治

Photo
 藤田嗣治の没後50年と題した大規模な回顧展が、京都国立近代美術館で開催されている。乳白色の下地に面相筆で繊細に描かれた黒い線。透き通るような真珠色に輝く高貴な裸婦は、華々しく活躍していた時代の、フジタの代名詞です。

Photo_2
 ヨーロッパが第一次世界大戦の痛手から立ち直ってきて、第二次大戦に至るまでの短い時期に花開いたエコール・ド・パリの寵児として、モディリアーニやシャガールとともに新しいアートを切り開いていく。後から見れば、このころが彼の絶頂期かも。

Photo_3
 肖像画の依頼などもたくさん舞い込み、自信にあふれた作品を多数残している。西洋絵画の技法と日本絵画の特性をうまく調和させた独自のスタイル。まさに「私は世界に日本人として生きたいと願う」という彼の言葉そのものを体現している。

Photo_4
 そんな藤田だからこそなのだろうか、北米、南米を旅したあと日本に帰国してから戦争画に情熱を傾けた時期がある。確かな描写力はさすがですが、彼独特の優美さや高貴さはない。愛国の空気に染まってしまったんでしょうが、後に大いに批判されることになる。

没後50年
藤田嗣治展
2018年10月19日(金)~12月16日(日)
京都国立近代美術館
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ