« 美味のプレゼンテーション | トップページ | 秋の味覚イタリアーナ »

2018年10月21日 (日)

オリーブオイルのヌーヴォー

Photo
 10月20日、フィレンツェのCOOPさんでオリーブオイルのヌーヴォーが出ました。毎年10月下旬になると店内にコーナーが作られ、大きいのは3リットル入りから小さいのは250ミリリットル入りまで、ビン詰めや缶詰のオリーブオイルが並びます。どれもが今年収穫されたオリーブの搾りたて。

Photo_2
 秋は収穫の季節。トスカーナ各地でワイン祭りやクリ祭りなどが開催され、実りの秋を祝う。日本でヌーヴォーと言えばワインだが、こちらではオリーブオイルも待ちわびる。グリーン色でフレッシュな香り、オリーブが果実なんだ、と再認識させられる。ちょっと舌先にピリッとする刺激がたまらない。

Photo_3
 秋の味覚で気になるのが、柿。KAKIと書かれて、日本から入った果実だということががよくわかる。ただし完熟も完熟、柔らかくなってジュクジュクのものが店先に並ぶ。イタリアの人たちはこれを、デザートとしてスプーンですくって食べるそうだ。今回見つけたのは珍しく、硬い日本風の柿、カキ・メーラ。りんご柿あるいは柿りんごと言えばいいのか。リコッタチーズをからめて白和えのようにして食べたら、おいしかった。

Photo_4
 リンゴもMELE FUJI と表記してあるのは、日本品種のフジに違いない。赤いリンゴ、黄色いリンゴ、緑のリンゴとさまざまな種類が並ぶ異国の地で、日本に関連したものを見つけるとなにか褒められたようでうれしいものです。豊かな食の宝庫イタリアで、気になった秋の話題でした。

|

« 美味のプレゼンテーション | トップページ | 秋の味覚イタリアーナ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/67293116

この記事へのトラックバック一覧です: オリーブオイルのヌーヴォー:

« 美味のプレゼンテーション | トップページ | 秋の味覚イタリアーナ »