« コロニア・グエル教会から始まった | トップページ | 美味のプレゼンテーション »

2018年10月15日 (月)

ガウディが求める光

Photo_3
 サグラダファミリアの生誕の門は朝日が当たる東に向いている。その東側の壁面は青を基調としたステンドグラスがはまっている。内部の壁や柱や床や天井が青い光に染まって、清新な気持ちに包まれる。

Photo_4
 西側には受難の門。そちら側の壁面には夕日をイメージした赤を基調としたステンドグラス。十字架を背負い、ゴルゴだの丘へ向かい、磔刑にあうイエスの物語。一日の終わりと人生の終わりが重なる重厚な思いが満ちる。

Photo_5
 コロニア・グエル教会のステンドグラスはシンプルな花。黄色は十字架を表しているのでしょう。小さな町の小さな礼拝堂にふさわしく、簡素でかわいらしい。半地下の薄暗いスペースにさす光がとても幻想的で、静かに祈りをささげる場を生み出している。

Photo_6
 住宅建築でも、光に対するこだわりはとても強い。地中海の海をイメージしたとされるカサ・バトリョ。波打つ壁面には海の泡のようなパターンが濃いブルーや淡いブルーで表現されている。見物客は水の中を漂う魚の気分。

Photo_7
 山の石切り場をイメージしたカサ・ミラには色ガラスは使われていない。でも曲面で構成された壁が彩色されたていたり、微妙なくぼみが作り出す光と影が深みを出したりで、光の効果を最大限に利用している。天才建築家ガウディは、光の扱いも天才でした。

|

« コロニア・グエル教会から始まった | トップページ | 美味のプレゼンテーション »

アート雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/67263444

この記事へのトラックバック一覧です: ガウディが求める光:

« コロニア・グエル教会から始まった | トップページ | 美味のプレゼンテーション »