« もし宝くじが当たったら? | トップページ | エコール・ド・パリの藤田嗣治 »

2018年10月31日 (水)

チリー・ゴンザレスってこんな人?

Solopiano
 チリー・ゴンザレスのSolo PianoⅡというアルバムが気に入ってよく聴いていた。とくにクルマの中で。6~7年前に家族が買ってきたCD。静謐な中に才気ほとばしる新しいフレーズや音に、すごいアーティストが現れたなぁと感心していた。そのチリー・ゴンザレスの半生を描くドキュメンタリーが、フィリップ・ジェディック監督の『黙ってピアノを弾いてくれ』Shut Up and Play the Pianoなのだ。

Photo
 映画を見て驚いた。イメージしていた人とはまったく違うのだ。挑発的で狂乱のライブ!破天荒な奇人?天才? 繊細で感動的なピアノ音楽しか知らなかったものだから、型にはまらない音楽性に強烈なキャラクターや過激な言動が加わって、あっけにとられる事ばかり。穏やかな哲学者のような人、と勝手に思い込んでいただけにショックでした。

Photo_2
 だけど、ヒップホップやラップからクラシックまで、ジャンルにとらわれない創造的な活動は観ていて気持ちいい。伝統や常識を破壊するパワーと、言いたい放題が許される人間的魅力。作曲家、ピアニスト、ラッパーとしてさまざまな超一流アーティストから熱狂的に支持される理由がわかる気がする。

Photo_3
 ウイーン放送交響楽団や弦楽四重奏と共演しても、ハチャメチャぶりは変わらない。しかもしっかり自分の世界に引き込んで、新しいスリリングな音楽を紡ぎだす。ああ、この人にはウソがない。天才はこんなにも強いんだ。しみじみそう思ったところで、ふとグレン・グールドを思い出した。カナダは時々こんなとんでもない天才を生む国なのでしょうか。

|

« もし宝くじが当たったら? | トップページ | エコール・ド・パリの藤田嗣治 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/67329847

この記事へのトラックバック一覧です: チリー・ゴンザレスってこんな人?:

« もし宝くじが当たったら? | トップページ | エコール・ド・パリの藤田嗣治 »