« 日本の美、ピース・ニッポン | トップページ | 真夏の元町水曜市 »

2018年8月14日 (火)

銅版画の奥深き世界

14
 六甲アイランドの小磯良平記念美術館で、「浜口陽三と南桂子」展が開催されている。どちらもパリを中心に活躍し、国際的に高い評価を得たアーティストだ。浜口陽三はヨーロッパでもすたれていたメゾチントを復興させ、しかもカラーメゾチントという技法を発明した。暗闇でボーッと光る赤いサクランボのシリーズは、世界中から愛されている。

Photo_2
 浜口はさまざまなサクランボ作品で有名だけれど、サクランボだけではなくテントウムシやアスパラガス、レモン、スイカなども描いている。それらを通して「静謐」という言葉の真の意味を感じ取りました。真っ暗闇にほのかな灯りのように浮かぶ赤いサクランボ。究極の美学です。身近にある小さなモノに宿る大きな存在感に圧倒されます。

2
 南桂子は浜口のパートナーで、パリでも日本でもずっと一緒に制作活動を続けたけれど、その作風はまったく違う。お互いアーティスト同士で尊重しあっていたのでしょう。同じ銅版画でもエッティングやドライポイント、たまにはメゾチントもとさまざまな技法にトライして自分自身の美を追求している。特にサンドペーパーを使った背景のぼかしは美しい。

Photo_3
 もう一つ特徴的なのが、南の作品を見ていると物語を想像してしまう、ということ。彼女自身、絵本や児童文学を創作する作家でもあったからでしょうか。どこかやさしい心情を感じます。彼ら二人が生きた時代、まだ日本は戦争の傷跡から立ち直れず、日々の暮らしで精一杯だったと思います。そんな中で彼らが創り出したものは、奇跡の輝きを放っている。

ーふしぎな世界への小さな窓ー
浜口陽三と南桂子 展
2018年7月14日(土)~9月2日(日)
神戸市立小磯良平記念美術館

|

« 日本の美、ピース・ニッポン | トップページ | 真夏の元町水曜市 »

展覧会情報[2018]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銅版画の奥深き世界:

« 日本の美、ピース・ニッポン | トップページ | 真夏の元町水曜市 »