« プラド美術館からベラスケス | トップページ | 伊那谷のそば粉ガレット »

2018年7月18日 (水)

ベラスケスの真のすごさ

Photo_3
 ルネッサンスからマニエリスムを経てバロックに向かう時代に生きたベラスケス。フェリペ四世の庇護を受け、ローマに遊学したときに見たカラバッジョの作品に大きな影響を受けたに違いない。そして行きついた西洋絵画の頂点。迫真の描写力は他の追随を許しません。人物の内面を含めた写実という意味では、その後もこんなすごい画家は生まれていない、と言ってもいいでしょう。

Photo_4
 ローマ神話の戦争の神マルスを描いても、それまでの画家のように英雄視して凛々しくたくましい姿にはしない。どこかくたびれたオッサンだ。神話の神も生身の人間と変わらず、おなかも減るし、くたびれるし、年をとる。もしかしたら戦の神が失業するぐらい平和な時代を作った王さまを賛美しているのでしょうか。考えすぎかな? いずれにしても伝統的な絵画作法ではない。

Photo_5
 宮廷画家として王侯貴族とその家族を描いたベラスケス。でもセレブ以外にも目を向けて作品を残している。これは、王子カルロスの遊び相手として仕えていた小人を描いた作品。短い脚、大きな頭、こんな障害を持つ人も、さげすまず嫌悪せず、一人の人間としてありのままにしかも堂々と描いている。近代の人権意識が芽生えるもっと前の時代ですよ。ただ超絶技巧を極めたというだけではなく、物事の本質を見つめ、描く対象の核心にまでせまる表現を追求した点こそ、ベラスケスの偉大さだと思います。

プラド美術館展
ベラスケスと絵画の栄光
2018年6月13日(水)~10月14日(日)
 

|

« プラド美術館からベラスケス | トップページ | 伊那谷のそば粉ガレット »

展覧会情報[2018]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベラスケスの真のすごさ:

« プラド美術館からベラスケス | トップページ | 伊那谷のそば粉ガレット »