« 木曽の「けものみち」展 | トップページ | 梅雨に咲くクチナシの花 »

2018年6月22日 (金)

木蘇皮プロジェクトとは

Photo
 木曽路で開催されている「けものみち」展。山深いこの地ならでは、と思わせるユニークな企画が「木蘇皮プロジェクト」です。山の恵みをクリエイティブに活用していくことはできないか、という思い。自然と共存しながら地域の生活と資源に根ざした文化の創出を目指したい、という願い。これらは明治以降の近代化による自然の破壊と、過疎化による野生の逆襲という、二つの大きな潮流に対してアートは何ができるかという問いへの答えでもあります。

Photo_2
 有害獣として駆除されたシカやイノシシの大部分は廃棄されているという。これら獣の皮を煮出して膠(ニカワ)をとりだし、煤(すす)と練りこんで墨を作る。毛は筆に使う。そして、なめした皮に絵を描く。これはほんの一例だが、自然と人間が持続可能な関係として循環していくためのヒントになりえると思います。そんな考えも人間の身勝手かもしれません。でも有害鳥獣や害虫などという、自然をリスペクトしない不遜な言葉を死語にするきっかけになればいいと思うんだけど。

木曽ペインティングス Vol.2
けものみち

2018年6月6日(水)~6月21日(木)
長野県木曽郡木曽町/上松町/木祖村

|

« 木曽の「けものみち」展 | トップページ | 梅雨に咲くクチナシの花 »

展覧会情報[2018]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/66851028

この記事へのトラックバック一覧です: 木蘇皮プロジェクトとは:

« 木曽の「けものみち」展 | トップページ | 梅雨に咲くクチナシの花 »