« シャクナゲの魅力を六甲山で | トップページ | イベール、椿昇、カオルコほか »

2018年4月30日 (月)

うめきた広場にヤノベケンジ

Photo_2
 大阪駅からグランフロントに歩いていたら、あっヤノベケンジだ!と目に飛び込んできたアート作品。近づいてみると、グランフロント大阪 まちびらき5周年を記念して4月26日(木)から5月13日(日)まで開催されている 『GRAND ART FES』の展示でした。

Photo_3
 真ん中に置かれた有名な「サン・チャイルド」は高さ6.2m。東日本大震災後に制作された希望のモニュメントです。足をしっかり踏ん張り、前を見据えて暗い世界に立ち向かう子ども像。手には太陽を持ち、再生・復興へむかって光をかざしている。2011年の作品。

Photo_4
 左には2009年作、放射状にのびる突起物におおわれた巨大な球体 「ウルトラ -黒い太陽- 」が。中では人工の稲妻発生装置が放つ火花が躍っているそうですが、残念ながらこの時は見えなかった。もう一度観に行かなくっちゃ。

Photo_5
 そして右には2015年の「風神の塔」。小型風力発電によって水を汲み上げ、口に溜まると吐き出すことで水の循環と浄化を起こすモニュメント。原発事故による全村民避難となった飯館村の人々との交流から構想が生まれたという。
 うめきた広場以外の場所にも椿昇やファブリス・イベールなどの作品が展示してあるので、次回また紹介します。

Photo_6
GRAN ART FES
グランフロント大阪
2018年4月26日(木)~5月13日(日)

|

« シャクナゲの魅力を六甲山で | トップページ | イベール、椿昇、カオルコほか »

展覧会情報[2018]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/66656319

この記事へのトラックバック一覧です: うめきた広場にヤノベケンジ:

« シャクナゲの魅力を六甲山で | トップページ | イベール、椿昇、カオルコほか »