« ベルリンから来た魔笛 | トップページ | 和気町の藤公園が見事です »

2018年4月18日 (水)

北海道では初夏を告げる花

Photo
 いまリラが六甲のうちのそばで美しい花を咲かせています。冷涼な気候を好むこの樹は北海道では初夏を告げる花と呼ばれ、街路樹にもたくさん使われている。さっぽろライラックまつりも毎年5月中旬に開催されます。ライラックは英語で、フランス語ではリラ。わたしたちにはこのリラという名前のほうがなじみがあるかもしれません。花の時期からみると、やはり北海道より一か月季節の進行が早いようです。

Photo_2
 リラはモクセイ科の落葉樹でヨーロッパのバルカン半島からクリミア半島にかけてが原産地だそうだ。明るい紫色、花弁4枚で十文字の花が穂状についた華やかな姿。あたりにはやさしく甘い香りが漂う。この香りはストレスを緩和する働きがあり、香水の原料にもなる。 
 この花は日本でもいろんな人に歌われているが、歌詞はほとんどがリラだと思う。ライラックは、日本語のリズムにのりにくいのでしょうか。

|

« ベルリンから来た魔笛 | トップページ | 和気町の藤公園が見事です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/66622064

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道では初夏を告げる花:

« ベルリンから来た魔笛 | トップページ | 和気町の藤公園が見事です »