« 園川絢也のキラメク・にょきランド | トップページ | 空海が歴史の謎に挑む »

2018年3月 1日 (木)

アイヌの魂を彫る藤戸竹喜

8
 現れよ。森羅の生命 ー とサブタイトルのついた展覧会 『木彫家 藤戸竹喜の世界』が、国立民族学博物館で開催されている。観光土産のクマを彫る職人・藤戸竹喜が、オリジナルの彫刻作品を作るようになって40数年、見事に才能を花開かせた。クマやオオカミ、エゾジカ、ウサギ、シャチやラッコ、そして先祖たち。自然と共に生きたアイヌ民族のアイデンティティーと誇りをカタチに表している。

Photo_3
 クマもオオカミも尊敬の対象であり、彼らも人間に危害を加えることはなかった。それが明治以降、本州から人がいっぱい入ってきて原野や森を開拓し、生活圏がダブるようになってしまった。その結果オオカミは害獣として明治半ばに絶滅させられた。動物も植物も、こうして自然は人間あるいは文明化の犠牲になる。世界中で起こったことと同じ。アイヌの文化も犠牲になっている。

Photo_4
 木彫に使う材料も、クルミ、イチイ、シナ、エンジュ、クス、ウォールナット、ニレの埋もれ木など、北海道に生える木を多彩に使っている。これにも意味があると思う。サブタイトルにもあるように、作家は森羅万象あらゆる生命を讃える作品を作り続けているのだ。ここには生きる喜びや悲しみ、怒りや諦めが現れている。自然とは何か? 人間とは何か? 文明とは何か?

Photo_5
 決まったポーズの観光客向けの熊を彫り続けるだけでは飽き足らず、新しい表現世界に踏み出した藤戸竹喜。すべて一本の木から彫り出される約90点の作品には、アイヌ民族の歴史と魂がこもっている。それだけにとどまらず、私たちすべての問題を含んでいるから感動を受けるのでしょう。まだまだお元気に制作を続けていってほしいと願っています。

現れよ。森羅の生命 ー
木彫家 藤戸竹喜の世界
2018年1月11日(木)~3月13日(火)
国立民族学博物館

|

« 園川絢也のキラメク・にょきランド | トップページ | 空海が歴史の謎に挑む »

展覧会情報[2018]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/66440150

この記事へのトラックバック一覧です: アイヌの魂を彫る藤戸竹喜:

« 園川絢也のキラメク・にょきランド | トップページ | 空海が歴史の謎に挑む »