« 最後の浮世絵師、芳年 | トップページ | 野麦の雪は今がサイコー »

2018年1月28日 (日)

この世は 地獄か?天国か?

Photo_4
 謎の天才画家、ヒエロニムス・ボス。昔は「ボッシュ」と教えられた気がするが、彼の没後500年を迎えて制作されたホセ・ルイス・ロペス=リナレス監督のドキュメンタリー映画が公開されている。
 人間を丸のみにして排泄する鳥、貝の中で快楽にふける裸の男女、お尻に刺されたきれいな花。美術史上もっとも異彩を放つ奇想ワールド、しかもブリューゲルやルーベンス、ダリやマグリットに大きな影響を与えた芸術家・ボスの『快楽の園』。プラド美術館が所蔵するこの三連祭壇画を、どう解釈するか、あるいはどう理解するか。さまざまな著名人がこの作品を前にして、自分の見解を述べるというドキュメンタリーだ。

Photo_5
 左では神がアダムにイブを娶らせている。エデンの園、天国だ。真ん中が現世。そして右側が地獄。他の二つと違って色も黒が中心だ。現生の世界=俗界を描いたと思われる正面の大きい画面には、エロチックでグロテスクで、奇想天外なシーンが緻密に情熱的に、かつ膨大に描かれている。
 ボス研究の第一人者、ノーベル賞作家、画家、ソプラノ歌手、美術史家、指揮者、作曲家、宗教家などなど。みんなこの作品の持つ圧倒的なパワーに言葉を失う。そして、この作品は何のために?誰のために?描かれたのか。誰も明確に説明できない。

Photo_6
 地獄の中ほどに描かれたツリーマンと呼ばれる人物(?)がいる。感情があるような、ないような不思議な表情を浮かべている。この絵を理解しようとする人間どもを小ばかにしているのだろうか。じつはこの作品をプラドで2回見ている。30年前と5年前。でも、欲望や寓意や倒錯や妄想や、あまりにもいっぱい盛り込まれているので、イメージの焦点が定まらなかった。そしてこの映画を見たあとも感想は変わらない。これからもボスに翻弄され続けるしかないのだろうか、永遠に。

謎の天才画家
ヒエロニムス・ボス

|

« 最後の浮世絵師、芳年 | トップページ | 野麦の雪は今がサイコー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/66299775

この記事へのトラックバック一覧です: この世は 地獄か?天国か?:

« 最後の浮世絵師、芳年 | トップページ | 野麦の雪は今がサイコー »