« 神戸港の戦前戦後 | トップページ | この世は 地獄か?天国か? »

2018年1月25日 (木)

最後の浮世絵師、芳年

Photo
 江戸末期から明治にかけて活躍した浮世絵師、月岡芳年。浮世絵が廃れつつあった時代に、もっとも成功した絵師であることから『最後の浮世絵師』と称される。神戸ファッション美術館でいま開催中の展覧会の紹介です。
 歌川国芳に入門して浮世絵を学んだ芳年は、時代の変遷に合わせて西洋画の画法も習得し、人物描写や構図、色彩構成に近代的なセンスを発揮。現代の目から見ても、とても斬新でおもしろい。

Photo_2
 驚いたのはデッサンや下絵だ。メチャクチャ上手い。その写実的な描写力があるからこそ、歴史画、役者絵、美人画、物語絵など、手掛けた幅広いジャンルの作品がどれも素晴らしいのだ。遠近法や陰影のつけ方も取り入れたリアルな表現力で、グロテスクな無残絵シリーズをたくさん描き、『血まみれ芳年』とも呼ばれたという。ここで作品画像をお見せするのもはばかれるほど、怪奇で残酷な作品群だ。でもスゴイ!

Photo_3
 躍動感あふれる大胆な構図、効果的な色使い。決定的瞬間をとらえた戦闘シーンは、SFXを駆使したハリウッドの超大作を見るようです。これだけ画力のある作家をあまり評価してこなかったのは、やはり血まみれが疎まれたのでしょうか。師匠の『武者絵の国芳』ともども、これからもっともっと見直されてくると思います。現代の漫画や劇画へと続く、直接の源流として位置づけられる『芳年』。クールジャパンの先駆けですね。

芳年 YOSHITOSHI
躍動の瞬間と永遠の美
2018年1月13日(土)~3月11日(日)
神戸ファッション美術館

|

« 神戸港の戦前戦後 | トップページ | この世は 地獄か?天国か? »

展覧会情報[2018]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/66299218

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の浮世絵師、芳年:

« 神戸港の戦前戦後 | トップページ | この世は 地獄か?天国か? »