« 2017年11月 | トップページ

2017年12月

2017年12月16日 (土)

ボストン美術館から珠玉の名品

4
 岡倉天心やフェノロサが尽力したボストン美術館の東洋美術コレクションは、世界でも最高峰にある。とくに日本の浮世絵では状態のいい作品を観るならボストンへ行け、と言われるぐらい。(誰が言ってるの?) いま神戸市立博物館で開催中の「ボストン美術館の至宝」展は、日本美術、中国美術をはじめ古代エジプト美術や19世紀から20世紀にかけてのフランス絵画、ジョージア・オキーフやエドワード・ホッパー、アンディ・ウォーホールなどのアメリカ現代美術まで、約80点の名品が展示されている。あ、村上隆もありました。

Photo
 日本美術では英一蝶の『涅槃図』に圧倒される。掛け軸になっている巨大な絵で、画面だけでタテ3m近い。釈迦の入滅を悲しむ人々や鬼、さまざまな動物、鳥、昆虫が見事な筆づかいでいきいきと表現されている。清朝の陳容が描いた『九龍図巻』も素晴らしい。
 フランス絵画は印象派、新印象派の時代に的を絞ったコレクションで、質が高い。いろんな人がいろんな好みで収集したコレクションの寄贈で成り立つ、アメリカの美術館事情もうかがえて、とても興味深かった。

ボストン美術館の至宝展
2017年10月28日(日)~2018年2月4日(日) 
神戸市立博物館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

レヴァイン指揮、METの魔笛

Photo
 METでは過去にシャガールやホックニーによる舞台美術の「魔笛」を公演してきたそうだ。今回のはミュージカル「ライオンキング」の演出でも有名なジュリー・テイモア版。歌舞伎の隈どりのようなメイク。ロシアアヴァンギャルド風のコスチューム。これも歌舞伎にヒントを得たのか黒子が操る巨大なモペット・・・。カラフルで斬新な美術、思いっきりファンタジーしてます。そしてとても分かりやすい。楽しい。

Photo_2
 {魔笛」はモーツァルトの最後のオペラ、というより大衆演劇。王侯貴族のためのオペラハウスで上演される作品ではなく、友人のシカネーダーが台本を書いて演じた歌芝居です。だから、イタリア語でないとオペラじゃない、と言われる時代にあって民衆にも理解できるドイツ語で書かれている。映画「アマデウス」では熱にうなされ死にそうになっているモーツァルトの病床に、初演の成功をシカネーダーや歌手・役者たちが報告に来るシーンがある。

Photo_3
 ところが当時は大衆演劇だったが、今や世界の名だたるオペラハウスが取り上げる大人気オペラになっているからおもしろい。フリーメイソンの思想を表現した勧善懲悪ストーリー。恋と冒険の物語。よく耳にしたことがあるチョー有名アリアが満載。初めて見る子どもからうるさがたのオペラ通まで、あらゆる人を魅了する要素が詰まっています。エンターテインメントの天才、モーツァルトの面目躍如ですね。

Photo_4
 このような有名作品だから、観客もいろんな演出や指揮の「魔笛」を見てきている。だから演出家や指揮者の解釈、歌手の表現力を、記憶の中の名演と比較しながら楽しんでいる。古典落語や歌舞伎と同様に『芸』を楽しむ演目だ。特に夜の女王の超絶コロラトゥーラやザラストロの超低音、車椅子の巨匠ジェイムズ・レヴァインの指揮は、まさに名人芸。今年10月14日公演のライブ映像、あっという間の3時間42分でございました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

静かで厳しい白い世界へ

Photo
 まだ最低気温はマイナス5℃ぐらいまでしか下がらない。本格的な冬はやはり年が明けてからでしょうか。でも晴れと雪が1日おきで、このまま真冬に向かっていきそうだ。この2年は暖冬で雪のないクリスマスだったけれど、今年は間違いなくホワイトクリスマスになるでしょう。暖かいほうがなにかとラクだけれど、冬枯れの景色では気分が出ない。

Photo_2
 まわりのカラマツ林は春の芽吹き、夏の新緑、秋の黄葉と鮮やかな姿を見せてくれるが、落葉した冬も美しい。幹と枝だけになった裸の樹形がほんとうに美しい。その枝に白く雪が降り積もると幻想的で、繊細なジュエリーを見るようです。このあたりの雪はサラサラで、枝に積もった雪は風が吹くとすぐに飛ばされる。だから枝の上の雪を見る時間は意外と短い。あとは裸の枝だけ。

Photo_3
 敷地内にうるさいほどたくさん咲くオオバギボウシ。まだしっかり茎を立て、来年のために種を落とした枯れた花を残している。やがてこの上にも雪が降り積もり、白い世界に埋もれてしまう。厳しい季節。でもね、寒ければ寒いほど、厳しければ厳しいほど、薪ストーブの炎に幸せを感じる。ホットウイスキーの温かさが身に沁みる。神戸では暑すぎるカーディガンも心地いい。寒い寒い冬も、いいことがいっぱいあるのです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

奈川はすっかり冬景色

Photo
 恵那トンネルを抜けたあたりから雪が舞いはじめ、権兵衛峠まで来るとしっかり積もっているじゃないですか。でもまだ12月。すぐに融けるさ、と高をくくっていたら、藪原から境峠を越えるころには吹雪になっていた。「こりゃ除雪車に出動してもらわないとヤバいぞ」と考えながら奈川の家へ。最後の坂を登れるか、と心配しながらやっと到着。ヤレヤレ、ハァ。たぶんこの冬一番の寒気がやって来たのだと思う。

Photo_2
 薪ストーブが赤々と燃える部屋から外のテラスを見ていると、みるみるうちに10cm以上は積もっていく。朝起きると世界は真っ白に変わっていました。美しい季節の到来です。聞けば今シーズン3度目か4度目の雪らしいけれど、いままでは翌日すぐに融けてしまうような寒さだったらしい。でも今回は気温も低いし、もしかしたら根雪になって長い長い冬の始まりかも。20日オープンと宣言しているスキー場はうれしいかもしれない。

Photo_3
 雪が積もる前の冬枯れの風景は、緑もなく枯れ枝や枯れ草の薄茶色ばかりの地味な色合い。それが雪に覆われると汚いものはすべて見えなくなる。ピュアで無垢な世界。世俗の罪もしばらくは許される、あるいは執行猶予される。そんな感じかな。寒さは厳しいけれど、そんな季節が好きです。薪が燃える音や炎の色が、こんなに素敵なものだと思い出させてくれるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

巨大ツリーとスーパームーン

Photo
 メリケンパークに出現した世界最大級の生木のクリスマスツリー。富山県氷見市から運ばれた高さ約30mのアスナロの木です。プラントハンターの西畠清順さんがプロデュースし「めざせ! 世界一のクリスマスツリー実行委員会」が主催するプロジェクト。神戸開港150周年を記念し、阪神・淡路大震災の犠牲者の鎮魂もテーマとしているそうだ。

Photo_3
 生の木はやはりいいものだ。しかもこの大きさを間近に見ることはめったにない。期間は12月26日まで。夕方5時半から夜中の12時までライトアップされる。青、緑、黄色、紫・・・さまざまに色が変わる。ただちょっと不自然な色かなぁ。でもルミナリエと並ぶ、神戸の12月を彩るイベントに育てばいいですね。

Photo_2
 メリケンパークの隣の新港第一突堤には海の貴婦人と称される練習帆船『海王丸』が停泊していた。マストを結ぶラインに電飾され、優美な姿を見せている。そこにスーパームーンの満月が昇ってきた。スーパームーンと大型帆船と巨大クリスマスツリーの競演。おだやかなお天気にも恵まれ、たくさんの人たちが夜の神戸を楽しんでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ