« 軽井沢の光を浴びる美術館 | トップページ | 目にするもの、すべて国宝!  »

2017年11月18日 (土)

湖畔に建つイタリア大使館別荘

Photo
 奥日光。明治中頃から昭和にかけて中禅寺湖畔は欧州各国の大使館別荘が立ち並ぶ国際避暑地で、「夏場の外務省」と呼ばれるほどの賑わいがあったそうだ。今は公園として整備され、そのうちのいくつかは見学できる。豊かな自然、湖と山の景観、優雅な生活スタイル。タイムトリップしたかのような感覚を味わえます。

Photo
 イタリア大使館別荘はアントニン・レーモンドの設計により昭和3年に建てられ、平成9年まで歴代の大使が使用していた。レーモンドはフランク・ロイド・ライトのもとで学び、1919年に帝国ホテル設計・施工の助手として、ライトと共に来日。その後独立して日本に残り、レーモンド事務所を開設。そして多くの名建築を残し、多くの日本人建築家を育てた著名な人なのだ。(知らなかったけれど・・・)

1
 ここの最大の魅力は、地元産の杉皮張りで仕上げられた内外装。タテ、ヨコ、ナナメ、市松模様など、天井も壁もさまざまなパターンで張られた杉皮が美しい。日光の大工が伝統として洗練させてきた技術を、徹底して活かしたうえにさらに発展させている。日本家屋と欧米生活様式の融合を図ったディテールは、ほんとに見事としか言いようがない。暖炉のある書斎、中央のリビングルーム、食堂スペースがワンルーム空間に並んでいる。そして中善寺湖や男体山の景観を楽しむ開放感あふれる広縁がその外に続く。

Photo_2
 四季折々の自然を楽しめる豊かな環境。ゆったりと配置された本邸と別邸。パーティや買い物など外出に使うヨット用の桟橋。戦前のヨーロッパ上流階級の避暑生活を彷彿とさせます。ただ美しいだけじゃなく、ゆっくり流れる時間を心から楽しめる居心地の良さ。日本に対するリスペクトも感じられて、見学する我われも居心地が良かったです。

Photo_3
 お隣は英国大使館別荘。こちらの建物は新しく建て直されたようで、建築的なおもしろさを求めるよりも、紅茶とスコーンで英国文化に親しむのがいいでしょう。これらが立ち並ぶのは、中禅寺湖の主な観光スポットの対岸にあたる静かなエリア。すこし回り道をしてでも立ち寄る価値は十分あると思います。

イタリア大使館別荘 記念公園

|

« 軽井沢の光を浴びる美術館 | トップページ | 目にするもの、すべて国宝!  »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/66023514

この記事へのトラックバック一覧です: 湖畔に建つイタリア大使館別荘:

« 軽井沢の光を浴びる美術館 | トップページ | 目にするもの、すべて国宝!  »