« 浪のなかに宇宙を観た | トップページ | エルミタージュのオールドマスター »

2017年10月19日 (木)

肉筆画に精力を注いだ最晩年

Photo_2
 80歳代後半になっても新しい表現を追求し続けた葛飾北斎。生涯に改号を30回、引っ越しを93回も繰り返した奇人だ。晩年には「画狂老人」や「卍」などジョークのように号した。絵がうまくなりたい、それだけに徹した人生。浮世絵の勝川春草の門下でありながら、当時タブーだった他の流派にも弟子入りし、狩野派や土佐派、唐絵や西洋絵画まで次々と勉強してそれらの技法を身につけていく。しかし絵を描く以外、なにもない。生活力もなければ、社会性もない。真の天才はそんなものかもしれません。

Photo_3
 最晩年の『雪中虎図』で描かれたトラ。展覧会のポスターでも使われています。もうほとんど想像で描いているとしか思えない、不思議な模様と不敵な表情。思い切り擬人化された感情があもてに現れている。われわれ人間の浅はかさを小ばかにしたような笑み。この表情にはいまのマンガに通じる現代性がある。胡粉で表現された雪など、技法的にも何十年もの研鑽で獲得しててきたすべてが盛り込まれている。とどまることを知らない北斎の到達点。本人はそれでも不満でしょうが。

Photo
 もうひとつ最晩年の作品。これが絶筆かもしれないと言われる『富士越龍図』をご覧ください。たくさん描いてきた富士の高嶺を越えて、黒い雲となり天まで昇る龍の姿。絵筆をとって神の領域まで昇り詰めたいと願った北斎の分身でしょうか。ちなみに彼の臨終の言葉は、「天我をして五年の命を保たしめば 真正の画工となるを得べし」と伝えられている。あと5年生きられたら本物の画家になれたのにと、90歳で死ぬ間際に悔やむなんて!なんという執念でしょう。私たちだって、95歳の画狂老人の作品を観てみたいけれど・・・。

大英博物館 国際共同プロジェクト
北斎 ー 富士を超えて ー
2017年10月6日(金)~11月19日(日)

|

« 浪のなかに宇宙を観た | トップページ | エルミタージュのオールドマスター »

展覧会情報[2017]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/65907473

この記事へのトラックバック一覧です: 肉筆画に精力を注いだ最晩年:

« 浪のなかに宇宙を観た | トップページ | エルミタージュのオールドマスター »