« 建築の面から見た ラ コリーナ | トップページ | 感動!ロイヤルオペラの「オテロ」 »

2017年9月16日 (土)

奈川のソバが育っています

Photo
 7月末に種まきをした秋ソバが順調に育っています。種をまいてわずか4日後には芽を出したソバ。Photo_5 それがいま満開の花盛り。ソバはもともとやせた土地にできる救荒作物。生命力が強い植物だ。米がとれない奈川では、昔から村のあちこちでソバが植えられていた。1200mから1300mと標高が高く冷涼な気候の奈川のソバ『奈川在来種』は、日本一おいしいと言われている。(TV番組「秘密のケンミンSHOW」?で、そう紹介された) 収穫量が少なく、手に入りにくい幻のソバ。小粒だけれど、香り高く味が濃い。

Photo_2
 その奈川の在来種を、1区画借りた畑で育てている、というわけ。あぜ道には白とピンクのゲンノショウコがいっぱい咲いている。ススキも穂を輝かせている。畑からの眺望がまた特別すばらしい。正面に乗鞍岳、右手に西穂高岳、ジャンダルム、奥穂高岳、前穂高岳と並ぶ。高原の澄んだきれいな空気を吸い、こんな絶景を見て育ったらおいしくないはずはない。と、確信しております、はい。

Photo_3
 このブログで7月19日の「ソバの花と栗の花」という話を書きましたが、7月に咲いていたのは夏ソバ。そこでもふれているソバの花のニオイ。どこに養鶏場があるのだろう?と、まわりをきょろきょろ探すぐらい、そこら中がまさに鶏ふんをまき散らしているかのよう。おいしい味覚をもたらす美しい白い花が、こんなに臭いニオイをまき散らしてるなんて。意外でしょ。でもこのニオイに誘われて集まったハチやチョウ。蜜を吸いながら、知らないうちに受粉に利用されている。人間にとって不快なニオイも、子孫を残すためのしたたかな戦略だと聞きました。

Photo_4
 さて収穫は霜が降りる前の10月下旬の予定。種まきから3ヶ月足らず、成長が早いです。そして脱穀して、粉にひいて、蕎麦を打って(ただしすべてプロに助けてもらいながらですが・・・)、しみじみ味わう。サイコーでしょうね、きっと。いまから楽しみにして待っています。ただし、その時期に遅めの台風が来なければいいのですが。祈るしかありません。

 

|

« 建築の面から見た ラ コリーナ | トップページ | 感動!ロイヤルオペラの「オテロ」 »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/65770552

この記事へのトラックバック一覧です: 奈川のソバが育っています:

« 建築の面から見た ラ コリーナ | トップページ | 感動!ロイヤルオペラの「オテロ」 »