« プラントハンターのお仕事 | トップページ | ラ コリーナは近江八幡の原風景 »

2017年9月 7日 (木)

KIITOのロバート・フランク展

Photo
 神戸港に輸出のための生糸検査場があった。その建物を利用して生まれたデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)。さまざまなアートイベントや展覧会に利用されている。いまメインスペースで開催されているのが 「ロバート・フランク:ブックス アンド フィルムス,1947-2017神戸」。
 ロバート・フランクは1924年スイスのチューリッヒ生まれの92歳、ニューヨークとカナダ・ノバスコシア州に住む20世紀を代表する写真家のひとり。革新的な写真術と独自の視点でストリート・フォトグラフィーを創始し、現代写真に大きな影響を与え続けている。と説明されているが、恥ずかしながら彼のことを知りませんでした。

Photo_2
 この展覧会は展示方法がおもしろい。天井から高さ5mぐらいの垂れ幕が何十本も吊り下げられている。これは新聞用紙のロールにプリントしたものだ。彼自身のオリジナルプリントが数千万円にも高騰した写真界の現状を嫌い、展覧会終了後すべて破り捨てられるというものだ。市場に出ることなく、この世から消えてなくなる。この展示アイデアを聞いたフランクは、「安くて早くて汚い、そうこなくっちゃ!」と言ったという。ちょっといい話だと思いませんか?

Photo_3
 彼の作品を観ていてハッと気付いた。ケータイ写真、スマホ写真の元祖がフランクなんだ! ストリート・フォトグラフィーの完成形はインスタやユーチューブなんだ! そう考えると納得できる。いまや誰でもいい写真を撮るチャンスはある時代だ。どんな時に、どんな場所にいるか。何を見るか、何を感じるか。
 写真の本質は、現場の記録。そしてきわめて個人的な記憶。残す意味があるかどうかは、世界の記録、社会の記憶として歴史的価値のある文化遺産かどうかにかかっている。プロとアマチュアの境をなくし、ビジュアルコミュニケーションの道を切り拓いたロバート・フランク。お時間があればどうぞ。

Robert Frank:
Books and Films,1947-2017 in Kobe

2017年9月2日(土)~9月22日(金)
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)

|

« プラントハンターのお仕事 | トップページ | ラ コリーナは近江八幡の原風景 »

展覧会情報[2017]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/65753789

この記事へのトラックバック一覧です: KIITOのロバート・フランク展:

« プラントハンターのお仕事 | トップページ | ラ コリーナは近江八幡の原風景 »