« アイルランドの美しいアニメです | トップページ | 手塚治虫の天才を再認識 »

2017年8月23日 (水)

ボローニャ絵本原画展

2
 今年もボローニャ国際絵本原画展が西宮の大谷美術館で始まりました。さまざまな国のそれぞれ固有の文化・社会的背景を持ったアーティストたちが表現する絵と物語世界。毎年とても興味深く見せてもらっている。その技法もアクリル、グアッシュ、色鉛筆、コラージュ、刺繍、スタンプなど多彩だ。最近の傾向としては、デジタル技術がいろんな局面で使われていることが挙げられる。アイデアをカタチにしやすいことに加え、あとの出版への便利さも優れていて、デジタル化は時代の流れでしょうね。

Photo
 絵本の原画だから、小さい子にも理解できる内容であるべきだ。しかし、社会常識という固定観念に縛られる前の子どもには、柔軟で自由な空想力という武器がある。それによって瞬間的に大人よりずっと深く本質を理解することもあるのだ。絵本を作るってほんとうに難しいと思う。子ども向けだからって馬鹿にしてかかると、逆に子どもに馬鹿にされる。ここには幸いそんな駄作はなく、力のこもった作品ばかりだ。

Photo_2
 イタリアやフランスをはじめ、ハンガリーやリトアニア、イランや台湾、ブラジルやコロンビアなど61ヵ国3,368の応募から、日本人6名を含む26ヵ国75作家が入選。さすがにどの作品もお国柄や作家の個性などオリジナリティ豊かで、じっくり楽しみながら鑑賞できる。5点組の展示なので、ある程度のストーリー展開も想像できる。(子どもには負ける?) 
 小学生でしょうか、10歳ぐらいの子が何人もひそひそ話したりメモを取ったりしながら鑑賞していました。夏休みの課題になっているのかも知れません。楽しそうでした。


2017イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
西宮市大谷記念美術館
2017年8月19日(土)~9月24日(日)

|

« アイルランドの美しいアニメです | トップページ | 手塚治虫の天才を再認識 »

展覧会情報[2017]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/65686969

この記事へのトラックバック一覧です: ボローニャ絵本原画展:

« アイルランドの美しいアニメです | トップページ | 手塚治虫の天才を再認識 »