« 通り抜けアートが気を浄化する | トップページ | 戦国の悲劇を歩く »

2017年7月30日 (日)

木崎湖を舞台にアートする

Photo_6
 北アルプスという名がついた芸術祭だから、美しい山岳風景や日本の原風景のような里山にインスピレーションを受けたアーティストと作品が多いのは当然でしょう。でも信濃大町の魅力は山だけではありません。湖が3つもあるんです。そのひとつ、木崎湖のまわりにも面白い作品が集まっていた。お天気はいまひとつでしたが、かえって静かで良かったです。

Photo_7
 五十嵐靖晃の『雲結い(くもゆい)』は、湖から天に向かって垂直に立ち上げられた組み紐の作品。木綿糸320本を束ねて太い紐を作る。そして8本の紐が高く高く組み上げられた。地元の人々との協働で生まれました。糸の総延長はなんと64km! 北アルプスの雪解け水が湖に集まり、やがて空の雲へと還っていく。そしてまた雪が降るという自然の循環を表現している。山の神、水の神へ捧げられたモニュメントだ。

Photo_9
 もうひとつ印象に残ったのが、アルフレド & イザベル・アキリザンの『ウォーターフィールド(存在と不在)』です。カラフルな大漁旗を翻して帰ってきた船団のように、あるいはお祭りの祝い船のように湖に浮かぶ小舟。のように見えていたのが、近づくとプラスチックのバケツや小型家電やすだれ・・・。これらのガラクタ(?)は人が住まなくなった廃屋から集めたものだそうだ。
 Photo_10
 使っていた人の顔まで想像できるあまりにも日常的な道具たち。いまは使う人もなく、その固有の役割も離れ、ただ波間に漂う。この外国人アーティストの作品は、のんびりした風情とは裏腹に、私たちに鋭い問題意識を提示する。ゴミや資源の問題と過疎化の危機。湖の上でゆらゆら揺られる小舟は現代日本の象徴かもしれない。考えさせられました。
 いろいろと刺激を受けた北アルプス国際芸術祭も、もう閉幕です。また3年後を楽しみに。

北アルプス国際芸術祭
2017年6月4日(日)~7月30日(日)

|

« 通り抜けアートが気を浄化する | トップページ | 戦国の悲劇を歩く »

北アルプス国際芸術祭2017」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/65580202

この記事へのトラックバック一覧です: 木崎湖を舞台にアートする:

« 通り抜けアートが気を浄化する | トップページ | 戦国の悲劇を歩く »