« 奈川高原の春の食卓 | トップページ | ベルギー、幻想絵画の伝統 »

2017年5月27日 (土)

ライアン・ガンダーってなんだー

5
 ライアン・ガンダー展が国立国際美術館で開かれている。サブタイトルは「この翼は飛ぶためのものではない」。1976年イギリス生まれ、新しいコンセプチュアルアートの旗手と目されるアーティストだそうだ。ライアン・ガンダー、初めて知りました。
 会場には若い人がとても多い。外国人も多い。よくある美術館の展覧会はシニアの観客が多くを占めるのだけど、これは違う。ポスターやチラシに使われた「あの最高傑作の女性版」という作品。白い壁面の前に立つと、この目玉が気付いて動く。壁に耳あり、障子に目あり。ユーモアたっぷりだ。

Photo
 例えば「ポートレート」のシリーズ。肖像画そのものはなく、肖像画を描いたパレットがいっぱい並べられた作品だ。それぞれのパレットはそこで使われた色が残っている。その色の違いや組み合わせから、どんな人物を描いたか想像を巡らせる、というアイデアだ。だから決まったイメージはなく、鑑賞者一人一人が自分だけのイメージを作者と共同で創り上げる、という感じ。期せずして犯罪の共犯者に仕立て上げられたような、スリルと喜び。

Photo_2
 作品だけでなく、作品にまつわる思考や美術に対する概念、見ることについての洞察、日常性への知的な関心など、作品創作の背後にある美と知の世界に鑑賞者の意識を誘導する。普段の生活で遭遇する身近な物事を素材として、オブジェ、インスタレーション、絵画、写真、映像、印刷物など、いままで誰もやらなかった多彩な方法論で制作された作品の数々。私たち観る側も想像力を全開にして楽しみましょう。

Photo_3
 「ガンダーって、なんだー?」 現代美術は『難解』だ、という人も当然たくさんいると思います。それは決まった見方がないから、ではないでしょうか。でも、現代美術の面白さは、まさに「決まった見方がない、すなわち自分勝手に自由に見ればいい」というところだと思う。そして美術の歴史や過去の作品への接し方や経験によってどんどん面白さが深くなる。世界の見え方まで変わるような、充実した時間を過ごせたら幸せです。

ライアン・ガンダー
この翼は飛ぶためのものではない
2017年4月29日(土)~7月2日(日)
国立国際美術館

|

« 奈川高原の春の食卓 | トップページ | ベルギー、幻想絵画の伝統 »

展覧会情報[2017]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/65330852

この記事へのトラックバック一覧です: ライアン・ガンダーってなんだー:

« 奈川高原の春の食卓 | トップページ | ベルギー、幻想絵画の伝統 »