« 星の瞳、という名の草 | トップページ | 郵便局のシンボルツリー? »

2017年4月 5日 (水)

神戸にはジャズがよく似合う

Photo
 神戸は日本のジャズ発祥の地。なんでも1923年4月にプロによるジャズ演奏が初めて行われたそうだ。で、ジャズをもっと身近に楽しんでもらうために、またジャズの街=神戸を全国に発信するために、大倉山公園で開かれていた「KOBE JAZZ DAY 2017」へ出かけました。

Photo_2
 このJAZZ DAYは今年で3回目。神戸市近郊に住む中・高生15名で編成された神戸ユースジャズオーケストラから、大学のサークル、おじさん・おばさんコンボ、おじいさんバンドまで、多彩な12組が出演していた。ちょうど映画「LA LA LAND」を観て、やっぱりジャズもいいねぇと魅力を再認識していたところだ。中・高生たちは、映画「スウィング・ガールズ」にあこがれて、とい人が多いみたいだけど。

Photo_3
 まぁジャズだから40年前、50年前、60年前のスタンダード曲を当時のスタイルで演奏している。新しさを求めるのではなく、懐かしさを求めて気楽に楽しむ。緊張感より、リラクゼーション。春の日差しの下で自然と身体がスウィングしてくる。趣味で楽しんでいるアマチュアバンドが中心なので、選曲も演奏も難しくなることはない。

Photo_4
 編成もピアノトリオ、カルテット、スリーホーン、オーケストラとさまざまです。女性ヴォーカル、男性ヴォーカル付きのグループもあり、次々と目先が変わって飽きさせない。
 これから暖かくなってくると元町ジャズストリートや新開地ジャズヴォーカルクイーン・コンテストなど、ジャズに関連したイベントがたくさん開催されます。ジャズを聴きに神戸の街へ出かけましょう。

|

« 星の瞳、という名の草 | トップページ | 郵便局のシンボルツリー? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/65100300

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸にはジャズがよく似合う:

« 星の瞳、という名の草 | トップページ | 郵便局のシンボルツリー? »