« 春を告げるフクジュソウ | トップページ | ハッピーな騎士団長殺し »

2017年3月 6日 (月)

今も現役!アレシンスキー展

Photo
 ベルギーの現代画家ピエール・アレシンスキー。知りませんでした。1927年ブリュッセル生まれだから90歳ですか。今もなお現役でエネルギッシュに活動を続けている。このアーティストの作品を、国立国際美術館で開催中の展覧会で初めて観ました。「おとろえぬ情熱、走る筆」というサブタイトルが示すように、制作意欲旺盛なアーティスト。約80点からなる大規模な回顧展です。

Photo
 じつはこの作家、日本との縁がとても深いのです。第二次世界大戦後パリで活動中に出会った日本の前衛書道の奔放さに共感し、1955年に来日。映画『日本の書』を制作したという。彼の作風も、ヨーロッパの重厚な油彩画から抜け出し、墨、水彩、アクリル絵の具を使った軽快で自在な筆使いで幻想的ヴィジョンを描くスタイルへと変貌。印象派の画家たちの時代とはまた別の、ジャポニズムが感じられておもしろい。
Photo_2 何ものにもとらわれない自由な精神。見たこと、経験したこと、世界のあらゆるものを表現したいという欲求。そんなアレシンスキー独自の探求が、コマ割りにした画面に樹や怪物や海などを描いたり、版画も交えた幾種もの技法を駆使したり、下地にアンティークの地図や手紙を使ったり、といった多彩で豊かな作品群にあらわれている。常に変貌を続け、衰えることのない創作意欲。観てよかったです。
 
おとろえぬ情熱、走る筆。
ピエール・アレシンスキー展
2017年1月28日(土)~4月9日(日)
国立国際美術館

|

« 春を告げるフクジュソウ | トップページ | ハッピーな騎士団長殺し »

展覧会情報[2017]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/64933439

この記事へのトラックバック一覧です: 今も現役!アレシンスキー展:

« 春を告げるフクジュソウ | トップページ | ハッピーな騎士団長殺し »