« 棚田に現れた竹の家 | トップページ | 小学校が大竹ワールドに! »

2016年10月30日 (日)

思い出のタイムカプセル

Photo
 白壁の土蔵に入ると、暗い室内に一面の光のオブジェが。クリスマスのイルミネーションのようにまばゆくきらめいている。高い天井から吊り下げられた1,000個以上のガラス瓶を使ったインスタレーションは、栗真由美の「記憶のボトル」。瀬戸内国際芸術祭の男木島に展示されている作品です。

Photo_2
 瓶の中には男木島の人たちの思い出の品が封入してある。瓶ひとつひとつに小さなLEDランプが灯り、みんなの記憶を美しく輝かす。それは試験の答案用紙だったり、結婚祝いの熨斗袋だったり、ウルトラマンのフィギュアだったり、古い記念写真だったり・・・。見ず知らずの人たちの記憶の断片ながら、つい見入ってしまう。

Photo_3
 懐かしく、切なく、忘れてしまっていた自分の人生のワンシーンを思い起こす。いわばタイムカプセルに閉じ込められていた記憶を、静かな眠りから揺り戻して自分の眼前にさらすような作用。とてもよくできたタイムマシーンです。楽しいだけではなく、つらいことも悲しいこともあったに違いないけれど、どの記憶も光り輝いているのがいいじゃないですか。とても好きな作品です。

瀬戸内国際芸術祭2016
秋会期:10月8日(土)~11月6日(日)

|

« 棚田に現れた竹の家 | トップページ | 小学校が大竹ワールドに! »

展覧会情報[2016]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い出のタイムカプセル:

« 棚田に現れた竹の家 | トップページ | 小学校が大竹ワールドに! »