« 神戸のパルシネマ | トップページ | 焼き栗も進化してるんだ »

2016年9月29日 (木)

栗のお菓子はコレでしょ!

Photo
 まずは長野県小布施にある「小布施堂」の『モンブラン朱雀』。獲れたての新栗を蒸して皮を除く。それを裏ごししてグニュっと絞り出すと、そばのような細麺状のお菓子になる。これを冷たいクリームの上にふんわりと載せた洋菓子です。砂糖も何も加えず、栗そのもののおいしさが味わえる究極の美味。この時期一ヶ月ほどしかいただけない、鮮度が命の芸術品だ。Photo_3
 しかもその日に獲れた栗がなくなると販売終了。予約不可、持ち帰りも不可。だから朝8時30分から配布が始まる券を買うために、並ぶしかない。めでたく券を確保すると指定された時間にカフェ「えんとつ」でいただく。まぁ大層なものだけど、これを目指して全国から人が集まるからすごいものだ。じつは私たちは和風の『朱雀』を目指して早朝からクルマを飛ばして駆け付けたけれど、すでに長い長い行列。整理係の人に「もう売り切れですから『モンブラン朱雀』のほうにお並びください」と言われ、少し離れたカフェの前まで走っていって手に入れたプラチナ券だったのです。

Photo_2
 もうひとつの絶品は岐阜県中津川にある「すや」の『栗白玉』。「すや」は栗きんとんで有名な老舗です。国道19号線沿いに広い駐車場と甘味処を併設した西木店を出している。栗という字は「西」の「木」と書くことから西方浄土をあらわし、行基はこの栗の木を杖にして全国を回ったと、いう伝説から名付けたそうだ。Photo_4
 で、『栗白玉』は栗のみで作った冷たいおしるこに白玉を入れた上品な甘味です。これを緑に囲まれた気持ちのいい甘味処『榧(かや)』でいただく。そうそう、こちらも9月の一ヶ月間のみの限定品だそうだ。いやぁ限定品に弱いからね。この店も行列こそできていなかったものの、混みあっておりました。駐車場のクルマのナンバーを見ると、かなり遠方からもお客さんが来るようだ。
 栗のシーズンに極め付けを食する幸せ。ああ生きてて良かったと実感する瞬間です。(オーバーだねぇ)
 

|

« 神戸のパルシネマ | トップページ | 焼き栗も進化してるんだ »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/64267446

この記事へのトラックバック一覧です: 栗のお菓子はコレでしょ!:

« 神戸のパルシネマ | トップページ | 焼き栗も進化してるんだ »