« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

世界遺産の先輩!姫路城

Photo
 鳴門のうずしおを世界遺産に!という運動をご紹介しましたが、姫路城は1993年12月に世界遺産に登録されている。法隆寺とともに日本では最初の世界文化遺産だ。昨年の春に竣工した平成の大修理で、「屋根が白くなりすぎた」という意見も聞かれましたが、近くで見るとそうでもなかった。さらに年月が経てばもっと落ち着いた色合いになるのでしょう。姫路城はもともと『白鷺城』と呼ばれる白いお城なのだ。

Photo_2
 大天守と三つの小天守の組み合わせが、見る方角によりさまざまな美しさを見せる見事さ。そして大手門からいくつもの門をくぐり狭い通路を抜けてやっと天守閣にたどり着くスケール感。よく残されたものだと感心する。いや、よく残してくれたと先人に感謝する。堂々の世界遺産だ。

Photo
 優美な姿ばかりを言ってきましたが、もちろんこれは城郭建築。中に入れば白い漆喰壁の外観とはまた違った様相を見せる。質実剛健を通り越して、荒々しさや無骨さが際立つ。戦いのための冷徹なリアリズムが貫かれ、そこには装飾や遊びの要素は一切ない。鉄砲で敵を狙う壁の穴。よじ登ってくる兵士を攻撃する石落とし。狭い通路や身をかがめなければくぐれない入り口。すべて防御のための工夫だ。

1
 天守閣にはお殿様やお姫様の居室はない。ここは戦争の指揮所であり、守りに入ったときに籠城するための場所なのだ。案内パンフレットの説明図を載せましたが、三の丸御殿や西の丸御殿というのが、お殿様や女中や付け人たちの住居に当たる。Photo_2
 パンフレットと言えば、さすが世界遺産の先達と感心したことがあります。なんと日本語を含めると20言語で用意されている。マレー語やタミール語、スウェーデン語まである。ヨーロッパでは5ヶ国語ぐらいは当たり前だが、20ヶ国語とは驚いた。感動です! 後に続く世界遺産候補地も、このオ・モ・テ・ナ・シ精神をぜひ見習ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

うずしおを世界遺産に !?

Photo
 鳴門海峡のうずしおを見に淡路島の福良へ行く。観潮船に乗る前に、港のそばのジェラート屋さんへ。評判通りの美味しさでしかも安い! これはおすすめです。と言ってもジェラートを食べるために毎回淡路島の南端までクルマを走らせるわけにもいきませんが。
 
Photo_2
 福良港から出る船は日本丸と咸臨丸。今回乗ったのは日本丸のほう。どちらも外形を模しただけなので、あまり変わりはないのでしょう。鳴門海峡大橋に近づくと、白波が立って急流のように流れている様子が見えてくる。船内アナウンスによると時速20kmにもなるという。海底の地形の影響か、水位差ができて滝のように流れ落ちている。この日はパンフレットで見るような大渦は残念ながら現れなかった。春と秋の大潮のときが一番迫力ある渦ができるそうだ。潮の満ち引きでできる自然現象だから、季節と時間を選ばないといけないということだ。

Photo_3
 四国側からも観潮船が出ていて、どの船も蛇行しながら渦を追っている。かなりの数の観光客が訪れる観光名所なのだ。この「うずしお」を世界遺産にしようという運動が始まっているようだ。港の界隈にたくさんノボリが立っている。へぇ、出るか出ないかもはっきりしない自然現象も世界遺産の対象になるのか。ちょっと違和感を覚えるが、日本に世界遺産が増えるのはいいこと。がんばっていただきましょう。

Photo_4
 と横を見ると「うずのゆ」という看板がある。無料の足湯があるのだ。こちらはしっかり渦を巻いておりました。自然現象は思いのままにはならないが、人工のものは技術で実現できるということなのか。笑えました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

続く断捨離の日々

Img_5819
   私も60代半ばを過ぎて、モノの整理を心がけている今日この頃。不思議だなあ〜と思うことがいろいろ。その一つが「なんでこんなモノが捨てられないの?私・・・」。
 つい最近、真新しいタオルケットや、一度も使わなかった手ぬぐいや、外国で買ったそこそこ名の知れたブランドのTシャツなどをバッサバッサと処分したのに、このプラスティック製の容器に出くわした時にハタっと手が止まりました。
 蓋を開けてみると仕切り板が一枚付いていて、中には無造作にキーホルダーやカードや小さな工具など、色んなものが・・・。そのどれもが全て重要でもなく、どちらかというと要らないものモノばかり。決してお宝箱でもないんだなあ〜残念ながら。しかもこの容器への思い出もさらさらない。
 一体いつから手元にあったんだろう? どう言う経過で私の元に来て、しかも長年ずっとあり続けていたんだろう?と、そうなればゴミ箱行き? でもその時不意に目に止まりました。箱の底に引かれていた商品説明の用紙が。
 Img_5817
    「ワイドケースの栞」。まだプラスティック製の容器が珍しかった時代の製品ですよねえ。今では百均に行けば、このような品物は嫌というほど溢れていますが。一体どんな店で、どんな風に販売されていたのか。製造していた会社の住所が詳しく書かれていないのは、ちょっと残念。だってとても丁寧に作られたものなのだと分かります。一枚付いていた仕切板は、数十年を過ぎた今でも少しも狂いはなく、蝶番もしっかりしていて、細かな模様に傷もありません。
 「好きな物を入れて、鏡台・食卓や机の上に・・・」好きなものを入れていたわけでも、飾りになると重宝していたわけでもなく、戸棚の暗い場所に放置していたからこそ、綺麗な状態で見つかった容器なんでしょうけど、ふとこんなことを考えました。
 数十年の歳月を経た後でこんな形で向き合い、私の残りの人生で使うようにと生まれてきた製品なのでは? 普通はとっくに捨ててしまうはずの商品タグまでが残っていた、いえ、私が残していたわけですから。
 Img_5814
 で、あれこれ使い道を考えてみました。仕切板もあるんだから・・・ でも意外と使い道があるようでないんですよねえ。「放置して、忘れていたはずかあ〜」。結局、普段は使わないお箸を入れる容器へと落ち着きました。家族が見つけたらきっと言うでしょう。「えらい、古い物やなあ、これ」。そう、使う私も古い! そして先が見えない断捨離は続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

生姜保存食の3連発

ち Img_5858
 極暑、猛暑、炎暑・・・けたたましく鳴き続けるセミの声を聞きながら、滴り落ちる汗に耐えながら、ひろパパは黙々と生姜の保存食作りに励んでおります。
 生姜と言えばまずは思い浮かべる効能が体を温めることですが、他にも殺菌効果や血行促進、抗酸化作用が高いなどいいことづくめ。たくさん手に入った時は、さまざまな保存食にして毎日食べたいですよね。と、言うわけで、はちみつ生姜レモン・生姜の酢漬け・生姜の佃煮と、どど〜んと生姜保存レシピ3連発!

 Img_5850
<はちみつ生姜レモン>の材料
レモン  1個
生姜   手のひらサイズのもの
はちみつ 適量
<作り方>
1  生姜は全部すりおろす。レモンはなるべく薄切り。
2 レモン→生姜→はちみつの順でサンドしていく。何度か繰り返す。
3 はちみつがサラサラになってきたら飲み頃。
※お手軽はちみつレモン?レモンも柔らかくなって食べやすい。
 Img_5855
<生姜の酢漬け>の材料
生姜 1袋
酢   適量
<作り方>
1 生姜をなるべく細い千切りにして器に入れ、酢をひたひたまで注いで完成。
※別に甘酢でなくていいんだ! キュウリの和え物、ご飯に少し、サラダのトッピングと大活躍してくれる1瓶。
 Img_5853
<生姜の佃煮>の材料
生姜 200g
醤油 大さじ4
酒  大さじ4
砂糖 大さじ
みりん 大さじ1
<作り方>
1 よく洗ってスライスしてからみじん切り。
2 鍋に調味料を入れて、軽く水分を飛ばす感じで煮る。
※これまた、煮物に加えたり、卵焼きに入れたりと大活躍!
 
 いかがでしょうか? 生姜がなきゃ、しょうがない。うん?これって何か関係ある?と、調べてみましたが「しょうがない」は「仕様がない」なんですね。でも私のように疑問に思って、調べている人が結構いることが判明。さてさて、生姜をたくさん食べて、猛暑を乗り切らなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

長野のスーパーTSURUYA・ツルヤ

Img_5729
    最近奈川に行くたびに、けいママが足繁く通う場所『スーパーTSURUYA・ツルヤ』。いやはやそこでの買いまくりレシートをどど〜んとお見せしたいくらい。へええ〜けいママ、一体何をそんなに買うの?とよくぞ聞いてくれました。
 まずは「だったんそば茶ティーバッグ」。先日はお徳用30袋入りを何と30個!と、言うのもお土産として配った友人、知人が残らずこのお茶のリーピーターになってしまい「今度、買ってきて!」ってことになるからです。「ふ〜ん、だったんそば茶って?普通のそば茶とは違うわけ?」 そうなんです! またまた、よくぞ聞いてくれました。
 だったんそばは苦そばとも言われ、独自の爽やかな苦味があり、一口飲むだけで普通のそばとは違う味わいにびっくりします。その上そばポリフェノールのルチンは普通のそばの約100倍含まれているとか。この時期冷たくして飲むもよし、何せティーバッグだから、後の処理もラクと良いことづくめ。「これって、関西でも買えるの?」と、ここからがミソ。いや、ミソではなくそば。この商品はスーパーツルヤのオリジナルですから、今のところ長野県に行くか、お取り寄せするか・・・と、言うわけで30袋どど〜んと!

Img_5740
    と、それだけでは終わらない。まだまだ続くツルヤ・オリジナル。信州は何と言っても果物が豊富で安くて、しかももちろん美味しいですから、そこんところをツルヤさんは百も承知で商品開発しておられます。ドライフルーツ・シリーズ(特にやわらかレモンの美味しさは感動モノ!) ジャム・シリーズ、さらにジュースシリーズ(中でもりんごジュースの美味しさは特筆モノ!) そしていつもの山歩きで重宝する「トレイルミックス」。ドライフルーツとナッツのバランスが絶妙! ここは信州、登山のメッカを感じさせてくれる一品。
 
Img_5741
    と、いつもお買い上げの定番商品をゲットした後は、その他をリサーチ。すると、あるわ、あるわ、お宝が・・・信州高原地ビール? こちらは「よなよなエール」で有名なヤッホーブルーイングとツルヤの共同開発商品。これ、買わないでどうするの?とカートにポイ。すると今度はポテトチップス・ブルーベリーバター味の試食コーナーへと誘われてしまった。口に入れるとまさしく爽やかなブルーベリーバター味。「はあっ! ポテトとブルーベリーがこれほどマッチするとは!」 こちらはカルビーとのコラボ商品のようで、どんだけ〜コラボうまいの?とお買い上げ。他にも信州ご当地の新鮮な野菜や、お肉、お魚(ツルヤはもともと魚屋さんからスタートしたそうで、これまた新鮮で美味しい!)と、やっとこさレジへと辿り着く頃に、我が家のカートがどんな状態になっているかはご想像にお任せします。
 スーパーツルヤと信州は、もはやけいママにとって切っても切れないセットになってしまっておりまする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

スター・ウォーズ、いまだ途上

Photo_6
 A long time ago,in a galaxy far,far away ..... 毎回この字幕が流れ、心躍るテーマ音楽が始まると、瞬時にスター・ウォーズの世界へワープする。もうこれはファンを超えて信者だ。そして信者としては見逃すわけにはいかない展覧会がこれだ。「未来へつづく、創造のビジョン スター・ウォーズ展」。あべのハルカス美術館で開催中です。
 エピソード7を観て半年あまり、まだ記憶が確かなうちにこんな展覧会をやってもらえると、よけいうれしい。エピソード8、さらにエピソード9へ、このお話がどんな展開を見せるのか。なにか因縁を感じる登場人物たちが、どんな結びつきでつながっているのか。自分なりに想像する楽しみが味わえる。

Photo_7
 スター・ウォーズは天才ジョージ・ルーカスが構想した9部作。サーガと呼んでいるように神話的あるいは叙事詩的な宇宙規模の大作だ。映画史上最大のスケール、最高の名作に違いないが、まだアカデミーの作品賞や監督賞を取っていない、不思議なことに。それはたぶん当時のアカデミー会員たちには、この真の価値がわからなかったのだろう。時代より早すぎた傑作の悲劇。でも世界中の観客は、アカデミー賞なんか関係なく熱狂し、そう信者になったのです。そして今、あべのハルカスは信者の聖地となっている。

1
 エピソード4に当たる第1作が公開されてまもなく40年。映像技術、音響技術、CG技術、特殊メイク・・・映画はその後まったく別の次元に入りました。
 ルーカスは当初からアートを非常に重視していた。この展覧会を観て改めて感じました。さまざまなクリーチャーやドロイド、乗り物など、今までになかったものを創造するのだから、既成のイメージでは間に合わない。だからルーカスはアーティストと議論しながら共同で作り上げた。無から有を産み出す、アーティストの創造性に期待したのだと思う。
 今回の展覧会は、歴代の作品中のコスチュームや小道具などのほかに、たくさんのアーティストによるビジュアルイメージが展示されている。実際に映像化されたものと比較しながら見るのもおもしろい。P.S. 関連グッズに欲しいものがいっぱい。ミュージアムショップを抜けるのにひと苦労しますよ。
 
スター・ウォーズ展
未来へつづく、創造のビジョン
2016年7月16日(土)~8月30日(火)
あべのハルカス美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

Suicaとスイカとスイカサラダ

Suica
 今日は夏にぴったり!スイカサラダのご紹介です!っと、PCに向かっていると、何だか気になってきた・・・ あのICカードの「Suica」って、スイカと関係あるの? と、ウィキペディアを覗いてみれば「Suica」は「Super urban intelligent card」の略ですが、果実のスイカと語呂合わせ。なのでカード表面の緑色のデザインもスイカ風。

Photo_3
 ふ〜ん、そうなのか。と、ここで登場したのがどど〜んとスイカ!そんじょそこらのスイカとはわけが違うぞ、Suicaさん。って、おいおい、話題はすでに「Suica」ではなくスイカです! 長野の知人に頂戴して、はるばる神戸まで持ち帰った、日本一と言われる、皇室にも献上されるブランドの「波田のスイカ」であります。中でも生産者自らが「これは、うめえぞ〜!」って選んでくださったと言う恐れ多い代物を、極暑の中でパカッと! まあ!なんと綺麗な色でしょうか。はたまたなんとキメの細かい! この時期のものは種なしスイカだそうで、もう少しして出回る種ありとは見た目も味も違い、どちらにもそれぞれの旨さがあるとか。

Photo_2
 さてさて一口食べて「こんな美味しいスイカは生まれて初めて!」と、家族全員歓喜の中、この恐れ多いスイカを、あの手この手で美味しく食べ尽くそうと、ひろパパがサラダにしてみました。これがなんとイケる! 先日の我が家の夏フェスで堂々とオープニングのメニューとして登場。(デザートではなく) 大喝采を浴びたのであります。用意するものはスイカとフェタチーズとミントかバジルの葉とアーモンドスライス。甘さたっぷりのスイカの果肉とフェタチーズの塩味、それにハーブの爽やかさが口の中でミックスされて、スイスイといくらでも食べられる! これはクセになる! しかし何と言っても美味しいスイカがあってこそのこのメニュー。波田のスイカ生産者の皆さま、猛暑の都会に暮らす我々に、これからも美味しいスイカを作って届けてくださ〜い。

Photo
<スイカとフェタチーズのサラダの材料>
スイカ      800g〜1㎏
フェタチーズ  100g〜150g
ミントかバジルの葉 適当に
アーモンドスライス 適量
<作り方>
1 スイカの果肉は一口大の大きさに切り、器に盛る。
2 フェタチーズは手でポロポロに砕き、1のスイカにふりかける。
3 ミントまたはバジルの葉と粗く刻んだアーモンドを飾る。
4 好みでオリーブオイルと塩、黒コショウを少し。(チーズの塩分を考えて)
Photo ※フェタチーズは羊、あるいは山羊の乳から作られるギリシャの代表的なチーズ。キューブ状にカットしてオイルに漬けた瓶詰が手に入りやすい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

マティスもピカソも来ています

Photo_3
 デトロイト美術館展の続きです。第1章『印象派』 第2章『ポスト印象派』ときて、第3章は『20世紀のドイツ絵画』です。カンディンスキーやキルヒナーぐらいしか知らなかったが、おもしろい作品もいろいろありました。たとえばパウラ・モーダーゾーン=ベッカーの「年老いた農婦」やマックス・ベックマンの「オリーヴ色と茶色の自画像」。ドイツのアーティストは特に世界大戦など、かなりきつい体験をしたんだろうなと思わせる。精神的に追い詰められたような表現も垣間見られる。10人の作家による12点の展示。

Photo_4
 第4章はいよいよ『20世紀のフランス絵画』 ここではマティスが3点、ピカソが6点、モディリアーニが3点。ほかにルオーやデュフィなど7人の作家による充実の16点が展示されている。特にマティスの油彩「窓」や「ケシの花」は感動モノです。デトロイト市の深刻な財政難により、一時収蔵する美術品の売却の危機も取りざたされたそうですが、このような傑作が散逸しなくて本当によかったと思う。

Photo_5
 なお、このページに会場で撮った写真を載せていますが、この展覧会はすべて写真撮影がOKです。もちろんストロボや三脚はだめですよ。そしてSNSなどで公開するのを禁じられている作品もありますから、ご協力ください。まぁ海外の美術館はほとんどが写真OKなのですが、日本の美術館ではまだまだ撮影禁止のところが多い。これで少し世界標準に近づいたかな。  

Photo_2
大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち 
デトロイト美術館展
2016年7月9日(土)~9月25日(日)
大阪市立美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

デトロイトのゴッホやセザンヌ

Photo_2
 天王寺の大阪市立美術館が開館80周年を記念して、「デトロイト美術館展」を開催している。大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち、というサブタイトルがつけられています。1885年に創立されて以来、自動車産業の繁栄のおかげでたくさんの寄贈や莫大な資金援助を受け、世界でも屈指のコレクションを誇る美術館に成長したそうだ。しかしその自動車産業の不調により、デトロイト市は財政破綻をする。この美術館も存続の危機に陥った。でも市民の寄付や国内外からの資金援助により、収蔵する美術品は売却されることなく今も存在している。もしかしたらこの素晴らしい展覧会もそうした資金集めの一環として実現したのかもしれない。私たちには絶好のチャンス! そう思うとよけい鑑賞に力が入る。

Photo
 会場構成は4つのパートに分かれている。第1章『印象派』 モネ、ルノワール、ピサロ、ドガなどの作品が13点。ルノワールが幼い息子をモデルに描いた「白い服の道化師」や「座る浴女」など、温かい色彩と柔らかな光がとてもいい味を出している。日本人がとても好きな世界だ。第2章『ポスト印象派』 セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、ルドンなどの11点。サント=ヴィクトワール山や自画像など彼らが得意としたテーマで、粒よりの作品がそろっている。
 65,000点を超えるコレクションのうち、19世紀後半から20世紀前半までの美術の流れを概観するこの展覧会。あとの2つのパートは次回のブログでご紹介します。

Photo_2
大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち 
デトロイト美術館展
2016年7月9日(土)~9月25日(日)
大阪市立美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

キッチングッズ・3連発

Photo
 いよいよ夏本番! 夏と言えば花火! 各地の大会も楽しみですネエ〜。どど〜んと次から次へと夏の夜空に景気良く・・・と、ここんところ、けいママのキッチングッズ購入も、どど〜んと3連発! なぜにこんなに買ってしまうのか。「きっと猛暑のせいやわ〜」。はあ?
 はあ?と言えば、さてこれは何をするものでしょうか? 首をかしげるあなたも商品名を聞けばドンピシャ! 『泡ソースホイッパー』と申します。おしゃれなフレンチのお店では、すっかり定番になりつつある泡状のドレッシングを作るためのグッズ。調味料やソースを泡にすることによって、見た目も風味も増して、その上かけ過ぎることがないから減塩効果も!
 と、飛びついて買ってしまって、カシャカシャ・・・。その使い方はYouTubeをご覧いただくのが一番かと思い、URLを貼り付けますね。
  http://www.aux-ltd.co.jp/saucewhipper/
さてさて、この動画のようにすっばらしい泡が完成したでしょうか? 我が家の料理が、味も見た目も数段グレードアップしたでしょうか? 正直なところ、未だ道半ばであります。とろ〜んと美しい泡は出現しない。「なんでやの?」と悩みつつ、キッチンにてカシャカシャ・・。
  
Photo_2
 まあ、たまにはちょっと涼みに・・・と、出かけたデパートのキッチン売り場で、「おおっ!これこそ絶対便利!」と買っちまった『粉ふりスプーン』。これは単純であります。道半ばも何も・・・小麦粉をすくってお肉や魚にフリフリ。しかも大さじ1杯が量れるライン付き・・・。ええっ!そんな機能も付いての? このブログを書くまで気が付いてなかった!実は。
 さてさて3連発のラストを飾るキッチングッズは『さらしネット』。 玉ねぎやキュウリをこのネットに入れて水にさらして、それから絞る。これ!便利!・・・かな? どこからか聞こえる誰かの声・・・「別に無くてもいいんちゃう?」 ともあれ、今日も平和な我が家のキッチンで、猛暑の1日は無事に過ぎて行きます。
  プロが亜酸化窒素ガスでつくるエスプーマには遠く及ばないにしても、お客さまを迎えるみなとこうべ海上花火大会までに、カシャカシャのレベルアップに励まなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »