« 中山道、鳥居峠を歩く | トップページ | キッチングッズ・3連発 »

2016年7月31日 (日)

高ボッチ高原?なにそれ

Photo
 初めて聞いた時から、なにか気になる名前の山だった高ボッチ。独りぼっち、の「ぼっち」と同じだろうか? それともまったく別の意味があるのだろうか? こんな疑問に答えてくれる(かな?)パンフレットに出会いました。塩尻市観光協会が発行している「晴れたら高ボッチへ行こう!」というタイトル。そこに4つの説を紹介している。あ、「独りぼっち」は宗派や教団に属さない「独り法師」がなまったものだそうです。

Photo_2
1) 「だいだらボッチ」あるいは「でいらボッチ」などと呼ばれる巨人が、腰を下ろしてひと休みしたところという説。
2) 「ボッチ」とはアイヌ語で巨人の意味があって、高い山あるいは大きな山という説。
3) 「ボッチ」とは高いところにある「くぼ地」という説。
4) 山の形がビンに栓をしたように一段高くなっているので、栓の意味の「ボッチョ」になぞらえ「高ボッチ」とした。
あなたはどれだと思いますか?と書いてありますが、う~ん、悩みますね。どれも決め手に欠ける。まぁ語源のわからない不思議な名前はいろいろありますから、これもそのひとつでしょう。

Photo_3
 高ボッチは標高1,665mに広がる大草原。放牧された牛たちがのんびり草をはむ、パノラマビューの展望台です。眼下には諏訪湖、その先には南アルプス、ふりかえれば北アルプス。中央アルプスや御嶽山も一望できる。運が良ければ富士山も。ただしお天気が良ければの話。今日のところは近くの諏訪湖や松本市街の眺望が見えただけ。あとはぼんやりか雲の中。でもじゅうぶん満足できました。

Photo_4
 ここはまた日当たりがいいので花がたくさん咲く。マルバダケブキやアザミ、ホタルブクロやワレモコウなどが高い木に邪魔されずにのびのびと咲いている。一面の緑の中に黄色や紫が鮮やかに映えています。
 8月7日(日)には高ボッチ高原 観光草競馬大会が開催されるという。毎年恒例の有名なイベントらしい。興味のある方は塩尻までお出かけください。でもアプローチの高ボッチスカイラインは立派な名前にもかかわらず道幅が狭いので通行量が増えると、交通整理に苦労するだろうな、といらぬ心配をしてしまいました。

|

« 中山道、鳥居峠を歩く | トップページ | キッチングッズ・3連発 »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/63979797

この記事へのトラックバック一覧です: 高ボッチ高原?なにそれ:

« 中山道、鳥居峠を歩く | トップページ | キッチングッズ・3連発 »