« アルミ製の小さなザル | トップページ | アテルイは最高のエンタメ! »

2016年6月28日 (火)

村上柴田翻訳堂

 世の中にはなんと、たくさんの本が溢れていることでしょう? 次から次へと目まぐるしく変わっていく本屋さんの書棚。ほんの数日前に見かけて、どうしようかな?買おうかな?と、もう一度立ち寄ってみると、もうその場所には無かった!って、よくあること。

Photo
 そんな時代の流れの中でこのお二人(村上春樹氏と柴田元幸氏)がタッグを組んで、過去の忘れがたい作品をもう一度翻訳して、世に送り出してくださるという・・・なんかその試みにエールを送りたくて、即買ってしまいました。「村上柴田翻訳堂」と題して、この先何冊か出版されるそうですが、まずは村上春樹氏の新訳による「結婚式のメンバー」。
 作者のカーソン・マッカラーズは1917年、アメリカ南部の小さな町に生まれた女流作家。この小説は、他人との関わり方に問題を抱えていた彼女の、言わば自伝的な小説なのだけれど、何がどうして、どうなった・・・的なストーリーが極めて少なく、読書に対しても「いらち」な私としては、何度かイライラ! それでも結局最後まで読んでしまったのは、やはり翻訳者の凄さ? それもあるけど、それだけではないです、もちろん。
 この6月に66歳の誕生日を迎えた私が、小説の主人公である12歳の少女の、多感な、とても複雑な心境をこれでもか!って、多少苦痛に感じるくらい読まなくてはいけなかった。にも関わらず、とてもいい小説だったと思えます。もう一度読んでみようかな?と考えています。どんだけ〜!と気が遠くなるくらい彼方の、自分自身の少女時代を、ふと重ねてみて「うん、わかるなあ!」とうなづいたり、人の感情は時代の流れにそうやすやすと左右されるものではないのだ、と納得したり。
  村上氏が訳者解説の中で「翻訳というのは究極の再読」と書かれているように、深く掘り返してみたり、後ろを振り返ってみたり、というような行為は読者の側にもあるべきなのでしょう。
 最近は「モノの整理」で、さっさとブックオフに行ってしまう本もある我が家の書棚に、ちんまりと収まっている一冊。訳者にとっては「してやったり!」なのかな?
 

|

« アルミ製の小さなザル | トップページ | アテルイは最高のエンタメ! »

けいママ・セレクトの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/63819883

この記事へのトラックバック一覧です: 村上柴田翻訳堂:

« アルミ製の小さなザル | トップページ | アテルイは最高のエンタメ! »