« 横尾忠則のPOPとWAR | トップページ | METのロベルト・デヴェリュー »

2016年5月25日 (水)

マクベスを映画で観る

Photo
 今年はシェイクスピアの没後400年だそうだ。一昨年の秋、ロンドンで再現されたグローブ座を見たが、丸い藁屋根の芝居小屋は今年は周年事業でさぞにぎわっていることだろう。さて今年はロンドンに行く予定はないので、神戸の映画館で『マクベス』を観ることにしました。(まったくカンケーない話ですね、スミマセン)
 舞台とスクリーンの違い、その一番は映像美。スコットランドの荒々しい自然が最高の美術セットになっている。弱い光、もやと霧が立ち込める寒々とした空気を、見事なカメラワークで切り取っている。この霧は「洛中洛外図屏風」の雲のように、場面の転換や次元の飛躍にも効果的に使われている。

Photo_2
 二番目に表情アップの演技力。善と悪のせめぎあい、欲望と恐怖、自分でも抑えられない狂気・・・心の中の葛藤をアップで映る眼や口元で表現する、映画ならではの役者さんの演技力が試される。舞台ではもっと手の動きや体のこなしで、悲しみや苦しみを表しますが。
 三番目は21世紀の映画ならではの撮影技術、編集技術で生み出されるリアリティ。「お芝居のような」場面が、臨場感あふれるシーンに。コスチュームのデザインや質感も、中世の雰囲気がよく出ているし、その本物感をスクリーン上でしっかり表現できている。

3
 未来を予言をする魔女。その甘い言葉におののきながら、自分の中の欲望に目覚める。野望はふくらみ、コントロールできなくなって錯乱に至る。もう元へは戻れない。それが破滅への道だとわかっていても、行きつくところまで行くしかない人間の悲劇。
 魔女にそそのかされて、道を誤る。その魔女は、人間誰もの心の中に潜んでいるのかもしれない。そう考えれば、小さなきっかけからどんどん深みにはまり、破滅へと突き進む人の話が現代のTVニュースで流れるのも当然でしょうか、シェイクスピア殿。
 

 

|

« 横尾忠則のPOPとWAR | トップページ | METのロベルト・デヴェリュー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/63677967

この記事へのトラックバック一覧です: マクベスを映画で観る:

« 横尾忠則のPOPとWAR | トップページ | METのロベルト・デヴェリュー »