« ニセアカシア、「にせ」は可哀そう | トップページ | 金沢にて、日本の色 »

2016年5月16日 (月)

街に根付いた21世紀美術館

Photo
 開館してからもうすぐ12年。金沢21世紀美術館は、すっかり街になじんでいます。暮らしの中に溶け込んでいます。誰でもいつでも気軽に立ち寄ることができ、さまざまな出会いや体験の場となるような美術館。そんな妹島和世さんと西沢立衛さんが目指した『まちに開かれた公園のような美術館』は、10年をかけて市民のみなさんに愛され育てられてきたんだと思う。とても素晴らしい。

Photo_2
 この美術館は円型のガラス壁で囲まれ、内と外の関係があいまいになっている。そして東西南北に出入り口があり、有料の展覧会スペース以外は自由に通り抜けができる。市民ギャラリーや情報ラウンジ、ミュージアムショップ、カフェなど、パブリックな空間がかなり多い。加賀友禅をモチーフにしたマイケル・リンの壁画作品の前に並べられたロッキングチェアには、仕事中にちょっこし休憩しているサラリーマンや歩き疲れた観光客がリラックスしている。いい風景じゃないですか。

Photo_3
 ついこの前にフィレンツェのシニョーリア広場で見たヤン・ファーブル(先日のブログでジャン・ファーブルと書きましたが21世紀美術館の資料に発音を合わせます)の作品「雲を測る男」もありました。エルリッヒの「スイミング・プール」やジェームズ・タレル、アニッシュ・カプーアの作品など、世界の現在(いま)を体感できるアートも通りすがりで観ることができる。なんて幸せなんだろう。見方を変えれば、みんなに愛され、なんて幸せな美術館なんだろう、と思います。

|

« ニセアカシア、「にせ」は可哀そう | トップページ | 金沢にて、日本の色 »

オススメ美術館・ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/63637362

この記事へのトラックバック一覧です: 街に根付いた21世紀美術館:

« ニセアカシア、「にせ」は可哀そう | トップページ | 金沢にて、日本の色 »