« 岩合光昭、世界ネコ歩き写真展 | トップページ | 藤のフィレンツェへ »

2016年4月 4日 (月)

ご近所でお花見散歩

Photo
 ソメイヨシノはいっせいに咲くので、毎年どこへ花見に行くか迷うものです。で今年はラクをして灘区の家からぶらぶら歩いて桜見物。(じつは数日前に明石公園に行ったのだけど、早すぎました) まずは護国神社に。お店も出ているし、宴会をしている人もいる。近所に住む外人さんもたくさん来ています。きっと日本に来てからお花見の楽しさを覚えたのでしょう。

Photo_2
 つぎに観音寺の桜のトンネルへ。ここは摩耶ケーブル行きの市バスが通っている狭い道。両側に植えられた桜並木の枝が張り出しその下をクルマで通り抜けられるので人気だ。ほどほどに渋滞するから、クルマに乗ったままでもゆっくり楽しめる。植えられてだいぶん経つのでしょう、ソメイヨシノは寿命が短いので、枯れて植え替られた若い樹も増えてきた。そのぶん華やかさは以前ほどではない気がします。

Img_0229
 王子動物園の夜桜は、さすがの人出。お花見の時期の4日間、夕方6時からは無料で入れます。もちろん動物たちがいるエリアには入れません。この時間に大群衆がオリの前に来るなんて、動物虐待もいいところ。ライトアップされた通路を、「立ち止まらないでください!」のマイクにせかされながら、ただ通り抜ける。でも薄暮の光と照明のあかりで浮かび上がる夜桜はなかなかいいですよね。独特のなまめかしさがあって。

Photo_3
 家のそばまで帰ってくると、街灯に照らされてひっそりと白く浮かぶ桜。これもまたいい。日本人は花の中でも特に桜に対して思い入れが深い。人生の節目となる経験を桜とともに記憶することも多い。その想いは人それぞれに違うし、年とともに変化する。今年もいろんな桜に会うことができて幸せでした。

|

« 岩合光昭、世界ネコ歩き写真展 | トップページ | 藤のフィレンツェへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/63434581

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所でお花見散歩:

« 岩合光昭、世界ネコ歩き写真展 | トップページ | 藤のフィレンツェへ »