« 富岡鉄斎の画、書、文 | トップページ | ユキヤナギとシダレヤナギ »

2016年3月19日 (土)

素晴らしきイタリア喜劇

Photo_2
 スカッとして、ホロっとして、温かい気持ちになって。こんな後味のいいコメディは、ほんとうに久しぶりでした。チョー男性社会で奮闘する女性建築家を描いたイタリアのコメディ映画、『これが私の人生設計』。すごいハンサムで逞しくしかも優しい男はゲイ。顔を合わせると「恋人はできたか?」「結婚はまだか?」とうるさい母と伯母。クセの強い人たちに囲まれて、ストレスいっぱいの破滅的な日々を送りながら、くじけず前向きに生きるヒロインに、思わず拍手を送りました。

Photo
 職場での女性差別、性的マイノリティに対する無理解・・・日本もかなり遅れているが、イタリアもきわめて保守的だ。まぁコメディなのでよけいデフォルメされているのだろうけど、「わかる、わかる!」と思い当たるふしは多々ある。イタリア男が女性に優しいのは、全然別の意味でだ。昔ながらの役割をはたしている限りはいいけれど、いとたびはみ出ると容赦しないぞ!という社会。昔のど田舎ではなく、21世紀の大都会ローマの現実だ。

Photo_2
 喜劇だから大笑いのシーが満載だ。でも笑うだけではなく、鋭い問題提起がグサッと突き刺さる。原題は『SCUSATE SE ESISTO! 』。昨年のイタリア映画祭では『生きていてすみません』という直訳のタイトルで上映されたそうだ、ちょっとむずかしいけど。この映画、きっと世界中で受けているでしょうね、特に働く女性には。ポスターは何を伝えようとしているのか、いまいちピンときませんが、コメディの感じは出ています。そして日本や日本人が思わぬところで出てくるのも笑えますよ。

これが私の人生設計
 

|

« 富岡鉄斎の画、書、文 | トップページ | ユキヤナギとシダレヤナギ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/63363578

この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしきイタリア喜劇:

« 富岡鉄斎の画、書、文 | トップページ | ユキヤナギとシダレヤナギ »