« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

上高地で増えたもの、減ったもの

Photo
 上高地で近ごろ急に増えたのが、外国人観光客。秋葉原や心斎橋だけではなくて、日本中どこでもたくさん見かけるようになりましたね。なかでも上高地では外国人比率が50%を越えているのではないでしょうか。しかも国籍は多岐にわたる。河童橋から明神池にかけて、中国語などアジア系の言葉のほかに、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、それに北欧系、東欧系とおぼしき言葉が耳に入ってくる。いまや世界の観光地です。
 そして同様によく見るようになったのが野生のサル。以前からいましたが、こんなにひんぱんに見ることはなかった。上高地のサルは箕面のサルと違って悪さをしないから安心です。それは上高地では野生動物にエサをやらないことが徹底されているので、人間を見ても何かをねだりに来ることがないから。またいじめられたことがないので、人間を過度に恐れもしない。

Photo_2
 逆に上高地で減ったもの、それは大正池の立ち枯れ。年々少なくなってはいたものの、今はほとんどない。さがしてさがして、やっと2本。焼岳の大噴火で一日にして大正池ができてから、今年で100年だそうだ。考えてみれば、よくぞ100年近くも腐らずに、水の中に立っていたものだ。そんなわけで上高地の代表的な景観のひとつ「立ち枯れの木が幻想的な大正池」の代わりに、岳沢湿原の写真をご覧ください。美しい水と立ち枯れの木々、しかし後方に見えるのは焼岳ではなく六百山です。
 あと2週間ほど、11月15日の閉山際で釜トンネルは閉鎖され、4月27日の開山祭まで上高地は冬の眠りにつきます。とはいえ最近は釜トンネルを歩いて上高地に入り、雪と氷の世界を楽しむ人が増えています。もしかしたらこのブログでも厳冬の風景をご紹介するかもしれません。お約束はできませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月28日 (水)

絶景! 秋晴れの木曽駒ケ岳

Photo
 2度目の木曽駒は、お天気に恵まれて素晴らしい景色を見ることができました。前回登ったときは7月なかば。広く残る雪渓を越えて行ったけれど、木陰もない炎天下、ただただ暑かったのと、宝剣岳の岩場で足がすくんで動けなくなった人がいたことしか覚えていない。4年も前のことですからね。でも歩いていると、ルートの細部を鮮明に覚えていることにびっくりする。昨日のことも覚えてないのに、記憶って不思議なものだ。

Photo_2
 今回は甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳、北岳、間ノ岳、塩見岳など南アルプスの峰々はもちろん、八ヶ岳連峰や富士山までくっきりと見えました。反対側には御嶽山が間近に。乗鞍や穂高方面は残念ながら見えません。クルマで向かう途中は天気はいいのに山はうすぼんやり霞んでいた。でも上まで登ると、ボンヤリ霞んだ下界の上によ~く見えている。つまり空気のよどみの上から眺めると、こんな感じにクリアな眺望が開けるのだ

Photo_3
 ここ中央アルプスなどでは、秋の登山シーズンはそろそろお終い、高い山はまもなく冬山です。すでに日陰には数日前に降った雪が融けずに残っている。そしてこの日も天気は快晴だけれど、2,800mを超える稜線に出ると吹き飛ばされそうになるぐらい風が強く、体感温度は0℃以下。今でもそうなのに、これが雪と氷の世界になると、装備も覚悟もまったく別物。軟弱山好きオヤジには手に負えませぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月25日 (日)

これが楽器だって!?

Photo_5
 ストーンサークルのように7本の柱が建っている。岩の遺跡(?)を取り囲むように直径10mぐらいの円形に並んだ彫刻作品は、じつは楽器でもあるそうだ。弦楽器製作者の中川浩佑が六甲山上に作った「ヤマカゼボッチの弦楽器」という作品。これはエオリアンハープという弦楽器で、自然に吹く風により弦が鳴る仕組み。古代ギリシャ時代から存在したと言われる。「風流」っていう言葉はここから出た、というのはウソですが、見た目も美しく不思議な魅力、磁力、魔力にあふれている。
 音を奏でるアート作品、という新しさ。楽器という概念からかけ離れた姿とスケール、という驚き。うれしい出会いでした。

Photo_6
 風が強い六甲山の自然環境を活かして、大掛かりかつ繊細な音の彫刻として制作された。それぞれ太さの違う7本の弦が張られ、スピーカーボックスのような縦長の大きな共鳴箱を持つ。Photo_8 音色は弦の太さと風速によって変化するそうだ。柱がさまざまな方向に向かって建っているのは、どちらから風が吹いてもどれかが受けられるから、ということだろう。大きさ、位置、向き、弦の太さ・・・綿密な調査を基に工夫を凝らして創作された現代のエオリアンハープ。
 残念ながらこの日は風がなく、古代ギリシャ以来の妙なる音は聞けなかった。予定の立てにくい、まさに風まかせの楽器なのでした。

六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2015
2015年9月12日(土)~11月23日(月・祝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

三角形の謎の物体

Photo_2
 池のそばになにやらシャープな塔が建っている。宇宙のかなたからやって来た未来的な物体? いやもしかしたら古代人が信仰のために作った遺跡? 高さ2mあまりの黒光りした三角形の塔。進藤篤さんのSFチックな作品「小さな塔」です。鉄とガラスでできた「小さな」アート作品ですが、存在感はすごく大きい。『2001年 宇宙の旅』のモノリスのように、世界の存在の秘密が隠されているような迫力がある。
 ある人は10の眼を持つ知的生命体だと言ったが、たしかに、モノではなく生命かもしれないと思えてくる。

Photo_4
 はめ込まれた10枚のレンズ越しに、背景の池や木立が見える。世界を映しだしているのだ。もちろん天地はさかさま。同じ背景を映しているのだけれど、上のほうは空の部分が大きく、下へいくと池の面積が増える。同じ視点から見ると、上は見上げ、下は見下ろすわけだから、理屈で考えるとこういう見え方になるのは当然だ。でも、この10通りの見え方は理屈抜きに美しい。あぁ、これも一種のグラデーションなのだ。窓を区切ってレンズで像を結ぶ、映画の原理と同じだ。そうなんだけれど、あらためてムービーのおもしろさを分解してプレゼンテーションしてもらって、得した気分になりました。

六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2015
2015年9月12日(土)~11月23日(月・祝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

斜面を転がり落ちるボール

Photo_5
 芝生の斜面を転がり落ちる途中でストップモーションをかけられたような白木と黒塗りの2つの巨大な球体、と見えるアートはスガショウタロウ+SA の作品「Balls」。転がるエネルギーが満ちているのに、無理に止めている、その不安定さが動きを感じる所以でしょう。そしてこの球体の構造はバックミンスター・フラーのジオデシック・ドームを思わせる。作者のスガさんは建築家でもあるらしい。なるほど、そうなんですね。

Balls
 見る方向を変えると黒いボールは白いボールの影のようにも見える。転がってくる巨大ボールから逃げなきゃ、と妄想していると、バスター・キートンの映画を思い出した。タイトルは覚えてないが、無表情に、でも必死で逃げるキートンのおかしみ、そして観客の大爆笑。 こんな非日常の世界を創造し観客の価値観を揺さぶるのが、優れたアート作品の条件です。平面作品も、立体作品も、映像作品も、サプライズのないものは芸術ではない。ただ美しい、ただおもしろい、だけでは足りないのですね。

六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2015
2015年9月12日(土)~11月23日(月・祝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

あっけらかん、瞬間芸アート

Photo_2
 現代アートで「瞬間芸アート」とでも呼びたいジャンルがある。六甲ミーツ・アートの、たとえば北川純さんのこの作品。タイトルは「六甲おろし器」です。六甲山麓に住む私たちにとって、夏は涼しく、冬は厳しく、山から吹き降りてくる地域独特の風「六甲おろし」は暮らしや文化の必需品。阪神タイガースの応援歌でもおなじみですね。Photo_3 これをアーティストは「大根おろし器」によく似た巨大な「六甲おろし器」で創ろうとしたわけです。ま、これ以上の説明は不要でしょう。
 ちょうど観に行ったとき、作者の北川さんが脚立に上がって何やら作業中。聞けば強い風で「おろし器」のギザギザが取れてしまったので補修している、とのこと。おろして(削って)風を生み出す部分が、風にやられるとは。これもまた自然の中の野外展示だからこそでおもしろい。
Photo_4
 池のそばに立つとぼけた表情のロバ。三宅信太郎の作品、「ドンキー」です。見ているうちにトロイの木馬のように見えてきた。ヨーロッパではバカやのろまの代名詞のロバですが、荷物を運んだり人を乗せたり、ずいぶん役に立ってきた歴史がある。でも、なぜ六甲山に?などと不審に思ったり、意味を考えたりするのはナンセンス。理屈を越えたところに存在するアート、存在そのものがおもしろいアートは、受け手の瞬発力が問われる。一呼吸置いたらつまらなくなりますよね。

六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2015
2015年9月12日(土)~11月23日(月・祝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

本田かな、「心の旅」展

Photo_5
 本田かなさんの久しぶりの個展「心の旅」が、10月12日(祝)まで三重県名張市のセンサート・ギャラリーで開かれていた。写真を細い短冊状に切って、それをタテ糸ヨコ糸のように編んで作品に仕上げるアーティストです。編むことによって違うネガや部分を合成し、夢と現の境目にある不思議な風景を現出させる。

Photo_3
   目の前の光景を見つめながら
   心の中をゆらゆら歩く。
   頭の中に描いた情景を思い出しながら
   ひとり静かに写真を編む。
   いつでも どこへでも 出発できる旅。

Photo_4
 彼女自身がこう書くように、彼女の作品はありそうでない世界、なつかしいけど非現実的、まさに心の中の情景だ。写真でよくやる切り抜き合成ではなく、編んで合成するというとてつもなく手間のかかる手法だからこそ生まれる、奥行きと独特の質感が本田かなさんだけの世界観を増幅させる。

Photo_6
 今回新たに取り組んだセルフポートレートのシリーズもなかなかおもしろい。1つの作品に2つのポーズがごくごく自然に溶け込んでいる。編み込んで合成するという手法が、なんでいままでやらなかったんだろう、と思うほどピッタリなのだ。風景、人物・・・。今後の展開にますます期待が高まる本田かなさんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

作品名は「海、山へ行く」

Photo
 「海、山へ行く」というタイトルを聞いて、どんな作品を想像されるでしょうか。月原麻友美が陶製のパーツで創造したアート世界は、六甲の山の上に海辺の世界が侵入したというおもむき。Photo_3フジツボのような、イソギンチャクのような、ヒトデのような、白い小さな物体が足元の草むらやせせらぎの中、岩の上からさらには高い樹の幹にまで、歩くにつれて無数に現れる。気にせずに歩いていると見過ごしてしまいそうなほど、周囲に溶け込んでいる。
 しかし一度気付くと、この不思議な光景は、小さな異物が平和な日常に入り込んだ時に感じる違和感が、だんだん成長し増殖してやがてコントロールできなくなる怖さに似ていると思う。海と山。人間とロボット。生物と無生物・・・。まったく別物と考えてきたものが、じつはそれほど差がないんじゃないのか。タイトルのおもしろさにひかれて注目した作品が、こんなことまで考えを深めてくれました。

Photo_2
 もうひとつタイトルのおもしろさでは、「空の池」という作品もある。水草が生えた池に不定形の雲形の鏡(アルミかな)が浮かんでいる。Photo_4 そこに空や周りの景色が映り込んで、天と地の関係が逆転する仕掛けの作品だ。季節によって、天気によって、時間帯によって、見る角度によって、それはさまざまに変化して見飽きない。単純だけれどとてもおもしろい。環境と一体になって、しかも周囲の環境をより強く意識させる効果がある。韓国の趙さんというアーティストの作品です。
 ここで紹介した「海、山へ行く」と「空の池」。どちらもタイトルのおもしろさも抜群ですが、六甲山の自然の中でこそその美しさが生きるアート、という意味で素晴らしいと思いました。やはりアートは図録などで見るものではなく、その現場へ行って観る体験に価値があるのでしょうね。

六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2015
2015年9月12日(土)~11月23日(月・祝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

視覚をめぐる冒険者たち

Photo
 六甲ミーツ・アートで目についた作品で、視覚のおもしろさに着目した3点をご紹介します。まず最初は西村正徳の「モヤッとハウス」。印刷や映像表現でPhoto_2 デザイナーが忌み嫌うモワレ(干渉縞ともいう)を積極的に取り上げたところがおもしろい。ガラスの温室の外と内にブルーのメッシュ生地で空間を作り、内部に入るとどちらを見てもモワレだらけにした。歩くたびに新たなモワレが次々と出現する仕掛け。外の生地が風で揺れると、また新手が生まれる。ハイ、ハイ、ハイ、ハイ、モヤッとハウス、です。

Photo_3
 次は目に見えない風を見える化した齋藤隆太郎(DOG)+東大計画系研究室の作品「0.90nのゆらぎ」(n乗が出せなくてスミマセン)。Photo_4 白い網目状のシートを約60枚並べたシンプルな作品だが、羽衣のように風でゆれる様子が美しい。凹状にカットされたシートなので、トンネルのように風の中を通り抜けられる。観客自身が光や風になって、大自然の一部に融けこんでいく、そんな感覚がこころよい。六甲山の野外展示には、もってこいの作品だと思います。

Photo_5
 あとのひとつは、高橋信雅の「TRICKART series "Entrance square"」。まさに作品タイトル通り、視覚のトリックだ。小品だがとてもよくできている。さて、これPhoto_6 が作品の写真ですが、あなたにはどう見えますか? 庭園の木道の上に白い四角形のプレートが浮かんでいる。そうですよね。少し離れたところにこの作品を見る位置が指定されている。(足跡が描かれています) そう、離れたところから撮っているので、ちょっとピンぼけ。木道のその場所に近づくと、なんだ!白とグレイ(影色?)で描かれた平面の絵なのだ。ネタをばらすと実に単純なんだけど、とてもよくできている。あ、そうそう、特にこの作品は晴れた日に見ないとね。

六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2015
2015年9月12日(土)~11月23日(月・祝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

六甲ミーツ・アート 2015

Photo_2
 六甲山の山上各所で開催されるアートイベントが今年も始まっている。ポスターやチラシに使われているのは、日野田崇の「世界を肯定する」。オルゴールミュージアムの庭に設置されている作品だ。これが主催者が考える今回の代表作だと考えて、まずこの作品からご紹介しましょう。
 まだ幼い少年。何に驚いているのか、何にあきれているのか、何を恐れているのか。ポカンと呆けたように突っ立っている。たぶん世の中には理解できないことが多すぎるのだろう。自分の身の回りから徐々に外界へ。知れば知るほどわからなくなって途方に暮れる。そんな表情に見える。

Photo_3
 TVからは殺人やテロ、自然災害や事故のニュースが連日放送される。純粋無垢な子供にとって、物心がつくにつれて見えてくるものはあまりにも過酷な現実社会。こんな世の中に生まれてきて、ここで大人にならなきゃいけないなんて。なぜ?と疑問に思っても、自分ではどうすることもできない。自分の存在に対しての漠然とした不安。
 まわりには白と黒の渦巻き文様がいっぱい取り囲んでいる。まるでこの世にあふれる邪悪なものや過酷な災難のシンボルのようで、まがまがしい。子供という視点から見ると、時代の混沌や世界の不条理がよりはっきりと見えてくる。でも生きていかなければならない。そのためには楽観的に「世界を肯定する」しか選択肢はないのだろうか。う~ん、考えてしまいます。

Photo_4

六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2015
2015年9月12日(土)~11月23日(月・祝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

高谷敏正さんの陶展

Photo
 北野で開催されている高谷敏正さんの陶展。陶器展ではない。土と火で作り出す陶の作品展なのだが、作るものが必ずしも「器」ではないからこんな展覧会名になっている。
 今年は阪神淡路大震災から20年。そしてその後も続いた大きな自然災害や人災。心の底に沈潜していた想いをカタチにしたら、こんなモノになりました、と彼は言います。高い天井から吊り下げられた、たくさんのビルあるいは街並み。地にしっかりと建っているのではなく、ふわふわと宙に漂う建物の亡霊? この展示の核心部分です。あなたはどう感じられるでしょうか。

Ny
 高谷さんは建築家だが趣味の陶芸が高じて、いまや陶芸家が本職のようになっている方だ。だから、伝統的な陶芸とは一線を画すユニークな作品を創造する。陶でできたオブジェ、あるいは陶を素材にした現代アート。陶芸家といってもその視点はやはり建築家ならでは。たとえばNYのワールドトレードセンターを思わせる作品は、地面は割れツインビルは今にも崩れ落ちそう。建築物は人を幸せにするためのもの。しかし時として不幸をもたらす場合がある。それが建築家の責任ではないとしても、きっとつらいことなのでしょう。

Photo_2
 廃墟や遺跡のような作品が並ぶなかに、ほっとする表現が一点あった。「幼い天使」と題されたこの作品だ。すこし異色な感じもするが、今回の展覧会にはなくてはならない作品だと思う。悲惨な災害と人間の無力に深く打ちのめされたこの20年から、飛び立とう、再スタートしよう、という意欲が現れている。きっと未来への希望なのだ。これから生まれてくる子供たちには、このような悲惨を味あわせたくないという気持ち。またそんな若い生命から、困難を克服する新しい知恵が生まれてくるに違いないという期待。二重の意味で興味深い作品です。会期はあとすこしですが、ぜひご覧いただきたいとてもいい展覧会です。

100

高谷敏正 陶展
2015年9月29日(火)~10月4日(日)
GALLERY 北野坂
神戸市中央区山本通1-7-17
Tel. 078-222-5517

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »