« これが楽器だって!? | トップページ | 上高地で増えたもの、減ったもの »

2015年10月28日 (水)

絶景! 秋晴れの木曽駒ケ岳

Photo
 2度目の木曽駒は、お天気に恵まれて素晴らしい景色を見ることができました。前回登ったときは7月なかば。広く残る雪渓を越えて行ったけれど、木陰もない炎天下、ただただ暑かったのと、宝剣岳の岩場で足がすくんで動けなくなった人がいたことしか覚えていない。4年も前のことですからね。でも歩いていると、ルートの細部を鮮明に覚えていることにびっくりする。昨日のことも覚えてないのに、記憶って不思議なものだ。

Photo_2
 今回は甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳、北岳、間ノ岳、塩見岳など南アルプスの峰々はもちろん、八ヶ岳連峰や富士山までくっきりと見えました。反対側には御嶽山が間近に。乗鞍や穂高方面は残念ながら見えません。クルマで向かう途中は天気はいいのに山はうすぼんやり霞んでいた。でも上まで登ると、ボンヤリ霞んだ下界の上によ~く見えている。つまり空気のよどみの上から眺めると、こんな感じにクリアな眺望が開けるのだ

Photo_3
 ここ中央アルプスなどでは、秋の登山シーズンはそろそろお終い、高い山はまもなく冬山です。すでに日陰には数日前に降った雪が融けずに残っている。そしてこの日も天気は快晴だけれど、2,800mを超える稜線に出ると吹き飛ばされそうになるぐらい風が強く、体感温度は0℃以下。今でもそうなのに、これが雪と氷の世界になると、装備も覚悟もまったく別物。軟弱山好きオヤジには手に負えませぬ。

|

« これが楽器だって!? | トップページ | 上高地で増えたもの、減ったもの »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/62548885

この記事へのトラックバック一覧です: 絶景! 秋晴れの木曽駒ケ岳:

« これが楽器だって!? | トップページ | 上高地で増えたもの、減ったもの »