« ロボットらしさとはなんだろう | トップページ | 高谷敏正さんの陶展 »

2015年9月27日 (日)

君の名は「ツタンカーメン」

Photo_2
 「君の名は?」・・・栄町のギャラリーPAXREXにて、奥脇孝一氏の「HANA展」を開催した時、その作品のモデルとなったHANA(花)たちの名前にちなんで、こんな題名のブログを書きました。その中の一つに「ツタンカーメン」と言う名のお花がありました。
 ツタンカーメン? はい、まさにかの有名なエジプト王のお墓から、副葬品としてその種は取り出されました。で、撒いたら芽が出て、花が咲いた。だから「ツタンカーメン」。あのブログを書いたのは8年以上も前・・・ でもそんなことを言ったら、それこそ「ツタンカーメン」に「へん!」って言われそう。だって数千年も地下の奥深く眠っていたんですものね。人間社会で言うところの十年一昔を、いったい何度繰り返して、この世に蘇ったのか。
 日頃、目にする花たちに私たちは「かわいい!」とか、「きれい!」とか賛辞を贈る。その花に癒される。時に涙ぐむほどの感銘を受ける。でも花たちの考えていることはただ一つ。精一杯命を長らえて、そして子孫を残す! そのために、美しい色や匂いをまとって虫や蝶をおびき寄せる。風に我が身をなびかせて種を遠くに飛ばす。あの手、この手で一心不乱に使命を全うする。奥脇氏の作品「ツタンカーメン」はまさに、そんな花の強さやしたたかさを伝えていると、久々にこの作品を鑑賞して改めて思いました。
 実はこの「ツタンカーメン」、私に8年前のブログの記憶を思い出させて下さった方の新居に飾られます。私は嬉しくて、思わずそこで繰り広げられるかもしれない、ご家族の会話を想像してしまいます。 「ねえ、これはお花?」 「そうよ、ツタンカーメンって名前なのよ」 「ふ〜ん?」 何気ない会話の中から伝えられていく想い、心に残るワンシーン。
 秋から冬へ・・・ 幾つもの季節を繰り返しながら日々の営みに一喜一憂しながら、それでもぶれる事のない「センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目を見はる感性」を、私もまた持ち続けたいと願うばかりです。

|

« ロボットらしさとはなんだろう | トップページ | 高谷敏正さんの陶展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/62345005

この記事へのトラックバック一覧です: 君の名は「ツタンカーメン」:

« ロボットらしさとはなんだろう | トップページ | 高谷敏正さんの陶展 »