« 舟越 桂、永遠を生きる人物 | トップページ | 西洋野菜の花も美しい »

2015年7月11日 (土)

但馬のハバネロ ドレッシング

Photo  神戸駅からハーバーランドへ向かう途中のデュオこうべ。そこにNEW OPENした「めぐみの郷プレミアムストアKOBE」で、こんな表示を見ました。え、激辛か!? おそるおそる買ってみたハバネロ入り、『但馬 トマト ハバネロ ドレッシング』。甘くて濃いシシリアンルージュトマトと、こだわり養父市産のフレッシュハバネロで作った、ピリッとした辛さをアクセントにした爽やかドレッシングという説明が魅力的なので、さっそく使ってみました。

Photo_3
 まずスペインのおふくろの味、「ガスパッチョ」にタラ~リとまわしかける。トマトベースにトマトだから、合わないはずはない、と思いつつ。うん、我が家の定番がさらに夏らしく爽やかになった。トマトやタマネギやリンゴ酢なども入ったドレッシングなので、タバスコのような強烈さはなく想像していたよりずっとマイルド。しかもコクがあっておいしい。

Photo_4
 つぎは新鮮なイワシをツミレにしてシソで巻き、それをフライにした料理に。これもトマトサルサをかけてその上からこの ドレッシングをひと振り。素晴らしい!これもいけます。本場のバスクバルでも人気メニューになりそうな美味さ。
 それにしても日本で、しかも兵庫県でハバネロを栽培していたとは。驚きです。だからドレッシングにも、乾燥ものではなく採れたての生を使える。辛さの中にフルーティな香りがほんのりするのは、このせいでしょうか。これはかなり使える調味料です。

|

« 舟越 桂、永遠を生きる人物 | トップページ | 西洋野菜の花も美しい »

けいママ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/61868691

この記事へのトラックバック一覧です: 但馬のハバネロ ドレッシング:

« 舟越 桂、永遠を生きる人物 | トップページ | 西洋野菜の花も美しい »