« 自然と生きる、呼吸するアート | トップページ | 絶品、冷やし とうじそば »

2015年7月29日 (水)

夏の信州、肉の祭典

Photo
 信州といえばフルーツが有名ですが、最近は肉にも力を入れているらしい。そこで、たまたま知ったイベント、松本郊外のアイシティで開かれている『信州 肉の祭典』会場をのぞきに行きました。
 名前は大きく出ましたが、遠くからお客さんを呼ぶようなイベントではない。地元の人に地元の肉のうまさを再認識してもらおう、という趣旨なのでしょう。私たちもたまたま入った蕎麦屋さんに置いてあった新聞に小さく載っていた情報を見つけて、これを知ったようなわけで。

Photo_2
 おお、広い駐車場の一角にテント村が出現してるじゃないですか。もうもうと上がる煙。あたりに漂うタンパク質が焦げる匂い。近郊の有名店がテントで出店している。客席も大きなテントの中にイスとテーブルがセッティングされている。
 牛、豚、鶏、それぞれ名前がついたブランド肉。イタリア名物 豚の丸焼き ポルケッタ、信州プレミアムベーコン バーガー、ハーブ鶏や信州牛の炭火焼き・・・都会で流行る肉バルのようなメニューが並ぶ。

Photo_3
 山国の信州なのだから、シカやイノシシ、キジやヤマドリなどのジビエもあればもっといいのになぁ、と身勝手な感想。暑い日差しのなかアツアツ焼きたて肉をほおばる。子供からお年寄りまで、みんな汗を拭きつつ、でも満足そうです。こんなシチュエーションで食べるからか、どれも美味い。フルーツや野菜やソバだけじゃないぞ!と信州の大地が叫んでいました。
 

|

« 自然と生きる、呼吸するアート | トップページ | 絶品、冷やし とうじそば »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/61977816

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の信州、肉の祭典:

« 自然と生きる、呼吸するアート | トップページ | 絶品、冷やし とうじそば »