« 西洋野菜の花も美しい | トップページ | 園川絢也、NEW FACE ART展 »

2015年7月17日 (金)

初夏はユリの花盛り

Photo_3
 神戸布引ハーブ園の下のほうに、広いユリ園がある。初夏はユリの芳香で、息苦しくなるほど。数種類のユリが植えられているが、いま見ごろを迎えているのがこの黄色い品種「イエローウイン」。意味はよくわからないが、ハイブリッド系と説明がある。Photo_5 菜の花やヒマワリなど、黄色い花の群生はあたりをパッと明るくする。そういえば黄金色に輝くカラマツの黄葉も、森や林を明るく変える。
 ユリ園には「手や服に花粉が付くと取れないから注意してください」という立札がたくさんある。花屋さんでは開く前にオシベを取り除いてくれているが、自然に咲くユリ園ではそうはいかないので気を付けるしかない。

Photo_4
 ピンクの品種も美しい。こちらは「ソルボンヌ」。説明には「日本のヤマユリやカノコユリなどをもとに交配してできたオリエンタルリリーの園芸品種」とあるが、なんでフランスのソルボンヌなの? と突っ込みたくなるが、まわりを白で縁取られたピンクの花びらが美しい大輪のユリは、華やかな貴婦人のよう。フランス語の名前が似合う優雅さです。
 奈川でいっぱい生えてくるウバユリや庭に植えているクロユリは、ユリという名がついていてもユリ科ではない。ということは、花粉がついても大丈夫なのかもしれない。まだ試したことはありませんが…。

|

« 西洋野菜の花も美しい | トップページ | 園川絢也、NEW FACE ART展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/61881748

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏はユリの花盛り:

« 西洋野菜の花も美しい | トップページ | 園川絢也、NEW FACE ART展 »