« ニセアカシアは可哀そう? | トップページ | ハッとする美しさ、ムシカリ »

2015年5月 6日 (水)

信州で今年2度目の花見

Photo
 標高の高い信州奈川では、いまが花見のシーズン(のハズでした)。でも今年は4月29日にチラホラ咲き始めたと思ったら、急に夏のように気温が上がったため、あっという間に咲いて、もうさかんに散っているそうです。もう葉もたくさん出ている。特に花の命が短かったらしい。でも、あったかいおかげで夜もストーブを焚いていません。それはすごく助かります。この写真は出遅れていた樹を一本見つけてパチリ! 色が濃いでしょ、これが特徴。
 ここの桜はソメイヨシノではなくゴテンザクラ(御殿桜)。きれいな濃いピンクの花がいっぱいつきます。この村になぜゴテンザクラが多いのか。それは前の前の村長さんがゴテンザクラが好きで、村のあちこちに植樹をしたからだそうです。よそではあまり見かけない桜なので、とてもいいと思います。

Photo_2
 峠を越えた木曽側は木祖村。こちらはなぜかは知らないけれど、シダレザクラ。これもソメイヨシノより開花の時期が遅くて、ゴールデンウィークのころが見頃です。まぁそこそこ標高も高い村だけど。この村中に木曽川の源流あたりから山の中腹、県道沿い、家の庭先までシダレザクラがいっぱい咲いています。このシダレも、もう葉っぱが出ているのが多かったけれど、ゴテンザクラよりは花の時期が長い。
 この写真はまだ若い樹だけれど、田上観音堂の横に立っている古木は樹齢700から750年と言われ、木祖村の天然記念物。絶品イタリアンのBASE(バーゼ)さんのすぐそばです。桜って短命な樹かと思っていましたが、けっこう長生きするのだなぁと感動しました。ソメイヨシノ一辺倒ではないさまざまな桜との出会い。しみじみ日本の春ですねぇ。 

|

« ニセアカシアは可哀そう? | トップページ | ハッとする美しさ、ムシカリ »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/61539070

この記事へのトラックバック一覧です: 信州で今年2度目の花見:

« ニセアカシアは可哀そう? | トップページ | ハッとする美しさ、ムシカリ »