« 信州で今年2度目の花見 | トップページ | クレソン、秘密の自生地 »

2015年5月 9日 (土)

ハッとする美しさ、ムシカリ

Photo
 新芽が出て緑が日に日に濃くなっていく高原の五月。散歩しているとき、木々の間から真っ白い大ぶりの花を咲かせている樹が見えた。一瞬ヤマボウシか、と思ったがまだ早すぎる。あわてて近づくとヤマボウシではないけれど、貴婦人のように美しく気品がある大きな白い飾り花が緑の葉の上に咲いている。葉が繁った夏場はとても入れないような林のなかでも、いまは下草も生えていないので、どんどん入っていけるのだ。

Photo_2
 花に詳しい近所の人に尋ねたら、オオカメノキだという。植物図鑑を見るとスイカズラ科、亜高山に生える落葉低木で花期は五月、名は葉が亀の甲のようだからと書いてある。別名ムシカリ。この名は、葉がハムシ科の甲虫によく食われるので、「虫食われ」がなまってムシカリになったと言われる。7~12cmの大きな葉で葉脈が凹んで表面がしわになっているのが特徴だそうだ。たしかに、一度覚えるとすぐに見分けがつく。

Photo_3
 小林鷹さんの和花シリーズの展覧会で、「むしかり」という美しい作品があったのを思い出した。その時はこんな身近に見られる花だとは思ってもいませんでした。感動でした。しかも、うちの敷地内にも数本この樹があるじゃないですか。まだどの樹も小さいので花をつけませんが、あと3年もすれば真っ白い貴婦人に出会えることでしょう。それにしても「オオカメノキ」も「ムシカリ」も、私の感動に水を差すようなつまらない名前。来年までに何か新しい名を考えるとしましょう。

|

« 信州で今年2度目の花見 | トップページ | クレソン、秘密の自生地 »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/61560457

この記事へのトラックバック一覧です: ハッとする美しさ、ムシカリ:

« 信州で今年2度目の花見 | トップページ | クレソン、秘密の自生地 »