« お花見は雨模様 | トップページ | 江戸琳派を中心に »

2015年4月 9日 (木)

ハワイとヴェネツィアの作品展

Photo
 ハワイとヴェネツィアを描いた前川秀平さんの作品展、『ハワイとヴェネツィア ふたつの宝石』がマサゴ画廊で開催されている。ギャラリーに入るとヴィヴィッドな色がパッと目に飛び込んでくる。左側の壁にはハワイ。右側にはヴェネツィア。それぞれ十点ずつほどの作品が並ぶ。
 前川さんは昔からの友人で、この何年かは毎年案内をもらって展覧会に行っているが、このところの進境がめざましい。思い切って単純化されたカタチと、歯切れの良い明快な色使い。決して抽象画ではないが、上手に描かれた写実的な風景画など足元にも及ばない強いインパクトと感動がある。それだけ描く対象の本質をしっかりと見ているのだろう。

Photo_3
 宝石のひとつ「ハワイ」のシリーズはダイヤモンドヘッドが主なモチーフになっている。遠くから、近くから、またシンボリックなカタチとして・・・。ちょっとセザンヌのサント・ヴィクトワール山を彷彿とさせるような存在感がとても素晴らしい。ビーチの向こうに、ホテル群越しに、その特徴的な姿をまるで幾何学模様のように。なかなか面白い試みだと思う。やはり一つや二つの作品ではこの魅力は伝わらない。連作ならではのスケールの大きい表現だ。

Photo_2
 もうひとつの宝石「ヴェネツィア」ではサンマルコ広場、とくに鐘楼が印象的に描かれている。こちらのシリーズも鳥瞰図的にサンタ・マッジョーレ島のほうから見たり、サンマルコ寺院とともに描いたり、さらに広場に映った鐘楼のシルエットのように要素を極力少なくしたミニマルな表現まで、さまざまな視点と豊かなイマジネーションでヴェネツィアをとらえている。
 案内をもらった時、正直ここまでの素晴らしさとは思っていなかったので驚きました。(失礼) しっかりと自分独自のスタイルが出来上がっている。しかも観る者に心地よい刺激と爽やかな記憶を残してくれる、まさに楽園絵画と呼べるのではないでしょうか。

マサゴ画廊
前川秀平 作品展

ハワイとヴェネツィア ふたつの宝石
2015年4月6日(月)~4月11日(土)
 

|

« お花見は雨模様 | トップページ | 江戸琳派を中心に »

展覧会情報[2015]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/61408012

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイとヴェネツィアの作品展:

« お花見は雨模様 | トップページ | 江戸琳派を中心に »