« 井上雄彦、ガウディに迫る | トップページ | 世界でいちばん貧しい大統領? »

2015年3月31日 (火)

サグラダ・ファミリアに迫る

Photo_3
 20年前には内部を見学するのに、工事現場のなかをいっぱい置いてある建築資材を避けながら歩いたサグラダ・ファミリア。「完成まであと150年はかかる」とか「本当に完成するのだろうか」といった声をよく聞いたものだ。それが観光客の激増による入場料収入とスペイン経済の発展による寄付の増加で建設資金ができて、工事が急速にスピードアップ。ガウディ没後100年の2026年に完成と公式発表されている。資金面だけではなく、コンピューター技術や建設技術のめざましい進歩もスピードアップに大いに貢献しているようだ。いま兵庫県立美術館で開催中の特別展「ガウディ×井上雄彦」でサグラダ・ファミリアを多面的に楽しめる。

Photo_4
 2年前に行ったときは、すでにローマ教皇を迎えて聖別され、実際にミサが行われる教会として使われていた。もちろん工事現場のコンクリートむき出しの床や壁ではなく、大理石やモザイク、ステンドグラスできれいに化粧されディテールにいたるまでガウディらしさがあふれていた。この素晴らしい現状のものから、さらに完成へむかう様子が、圧巻のイメージ映像で観ることができる。いま出来ている建物の実写映像に、これからの栄光のファサード、マリアの塔、イエスの塔などがCDアニメでニョキニョキと追加されていく。これを見ると今あるすごい構築物が、規模と迫力においてまだ半分ぐらいかと思うほど。
 井上雄彦さんによってさらに深く知ることになったガウディの象徴、サグラダ・ファミリア。元気で長生きして2026年の完成をぜひこの目で見たいものであります。

特別展 建築家:ガウディ×漫画家:井上雄彦
シンクロする創造の源泉
兵庫県立美術館
2015年3月21日(土)~5月24日(日) 

|

« 井上雄彦、ガウディに迫る | トップページ | 世界でいちばん貧しい大統領? »

展覧会情報[2015]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/61348276

この記事へのトラックバック一覧です: サグラダ・ファミリアに迫る:

« 井上雄彦、ガウディに迫る | トップページ | 世界でいちばん貧しい大統領? »