« ジュリエットも赤ずきんも | トップページ | 井上雄彦、ガウディに迫る »

2015年3月25日 (水)

椿は盛り、馬酔木これから

Photo
 季節に応じてつぎつぎと目を楽しませてくれる六甲山の花。ヤブツバキが今は盛りです。ツヤツヤした濃い緑の葉のあいだに真っ赤な花が咲き乱れています。Photo_3 ただし咲いているのをいきなり見かけることは少ない。山道を歩いていると、赤い花がいっぱい落ちているので上を見上げる。すると、葉のあいだから真紅の花弁に黄色いしべが目立つヤブツバキの花が見えてくる、という具合。
 日当たりのいい南面には、油コブシ、長嶺山、シェール道など何ヵ所もツバキの名所があります。まもなくスターを迎えるレッドカーペットのように道が赤く染まることでしょう。楽しみです。
 

Photo_2
 アセビは陽当たりのよいところから咲き始めたところ。アセビは馬酔木と書くように毒がある。だからイノシシやウサギやネズミなどが葉や幹をかじらない。Photo_4つまり ほかの樹のように、柔らかい若木の樹皮や新芽を食べられないから育ちやすい、という記述を読んだことがある。そういえば六甲山でもこの二十年ぐらいで増えたような気がする。
 小さな花がつぎからつぎへと開いていき、五月まで花をつけ続ける。桜が散ったあとぐらいから、山道を雪かと思うほど白い花を降り散らせる。山歩きは足元に注意しているので、つい上を見過ごしがちだが、ヤブツバキやアセビのようにすぐそれとわかるほど落花があるとありがたい。まず花を見逃すことはないでしょうから。
 

|

« ジュリエットも赤ずきんも | トップページ | 井上雄彦、ガウディに迫る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/61329821

この記事へのトラックバック一覧です: 椿は盛り、馬酔木これから:

« ジュリエットも赤ずきんも | トップページ | 井上雄彦、ガウディに迫る »