« 巨匠いっき見!だそうです | トップページ | 雪ダルマ制作器? »

2015年2月25日 (水)

アメリカン・スナイパーで考える

American_sniper1
 アカデミー賞は残念だったけれど、さすがクリント・イーストウッド監督。素晴らしい。戦争について、兵士について、勇ましさについて、殺すことについて、殺されることについて、深く考えさせられる作品です。
 いままで戦争をテーマにした映画はたくさん作られてきた。そのほとんどは実際に起きた戦争の意味を理解することを目指していた。だから太平洋戦争とかベトナム戦争とか、とうぜん具体的な戦争が描かれる。でも『アメリカン・スナイパー』は違う。舞台はイラク戦争なのだが、場所も時代もあまり重要ではない。ここで描かれているのは、従軍した兵士の精神が病み人格が壊れていく様。これだけ個人にフォーカスした戦争映画は珍しい。

Photo
 一兵士にとっての戦争の真実。それは大統領や首相が考える戦争とは別物だ。軍の司令官の戦争すらまったく違うものに思える。極限の緊張、強すぎる刺激、それらが日々続くことによる平常な判断力の麻痺。愛する家族のために、仲間のために、国のために戦い、なんとか生き延びて帰還しても元の生活に戻れない。戦場と故郷の街とのギャップ。強い虚無感と疎外感から立ち直れない自分を責めさいなむことで、ますます精神に変調をきたす。Photo_2
 この映画のテーマは、戦争は「人間」を壊す、ということ。命を失った兵士や市民はもちろん、勝者であるはずの生き残った兵士でさえも壊れていく。そこには勝つ喜びもなく、仕事を成し遂げた達成感もない。残るのはむなしい勲章だけなのかもしれない。

|

« 巨匠いっき見!だそうです | トップページ | 雪ダルマ制作器? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/61185503

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカン・スナイパーで考える:

« 巨匠いっき見!だそうです | トップページ | 雪ダルマ制作器? »