« ホドラー、リズムの絵画 | トップページ | 巨匠いっき見!だそうです »

2015年2月19日 (木)

六甲山のポップな雪ダルマ

Photo
 陽ざしが少し春めいてきた、と感じませんか? とはいえまだまだ寒い日もあります。特に山の上では、池の氷もまだ融けません。でも六甲山のこの雪ダルマは、ちょっと融けかけ。見かけたのはTENRAN CAFEの前の広場です。
 六甲ケーブルの山上駅にある天覧台という展望台があります。淡路島から須磨浦、神戸の街、ポートアイランドに六甲アイランド、芦屋浜、西宮、大阪もキタの高層ビル群からアベノハルカス、南港、堺、関空から友ヶ島水道の沖ノ島と地島まで一望できる六甲山系随一の展望台です。むかし天皇陛下が来られたことからその名がついたそうだ。昭和天皇だと思います。

Photo_2
 かわいらしい小ぶりの雪ダルマがたくさん並べられて、ふつうの雪ダルマとはちょっと違うポップなイメージ。ひとつひとつが個性的で、「これは誰々さん」、「これはあの人みたい」とワイワイ楽しみながら作ったようですね。こんな遊び心が、私は好きです。まわりに雪が積もったなか、ポツンとさびしそうに立つ雪ダルマ。伝統的な季節の風物詩はたぶんこんなイメージでしょうか。

Photo_3
 この広場では雪をしっかり楽しんだ様子が見て取れる。藤棚の下のベンチのまわりもちっちゃい雪ダルマがぐるりと取り囲んでいる。おとぎ話の小人がヒョコヒョコと地から湧いてきたようなおもしろさ。これぞ雪の苦労を知らないからこそ生まれる発想かもしれません。雪国の方々には申し訳ない気もしますが、雪が珍しい、雪が楽しい、と感じる人が日本に限らず世界中にたくさんいるのですから、なにか新しいビジネスチャンスが見つかるかも。ネガティブなイメージをポジティブに変える。考え方次第で人生はハッピーになると思うのですが、いかがでしょうか。  

|

« ホドラー、リズムの絵画 | トップページ | 巨匠いっき見!だそうです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/61153600

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山のポップな雪ダルマ:

« ホドラー、リズムの絵画 | トップページ | 巨匠いっき見!だそうです »