« 阪神淡路大震災から20年 | トップページ | フィオナ・タン まなざしの詩学 »

2015年1月21日 (水)

慰霊と復興のモニュメント

Photo_4
 献花を行う場所は東公園の南にある慰霊と復興のモニュメントの池。名称はCOSMIC ELEMENTSという。Photo_7記帳するともらえる白い菊の花を持って 行列に並んび、献花をして手を合わせる。そこから 回り込んで地下室へ降りていくと、コンクリートの壁面に阪神・淡路大震災で犠牲になった人たち全員のお名前が刻まれた銘板がずらーっと並んでいる。名前をさすっている人。そこに故人がいるかのように話しかけている人。静かな祈りの空間だ。この日は特別に、早朝から中へ入れる。

Photo_5
 この地下室から上を見上げると、さっき献花をした池が見える。天井(池の底)がガラス張りなのだ。献花をして祈っている人の姿が見える。金沢21世紀美術館のコレクションでレアンドロ・エルリッヒの作品『スイミング・プール』のようです。(こんなことを考えるのはちょっと不謹慎ですが) この下から見る花々はじつに幻想的。亡くなった人と会いたいと慕う人を結びつける、この世とあの世の架け橋のように感じられる。しかも、どちらがこの世でどちらがあの世かわからない感じ。もしかしてご先祖さまはお墓の中からこんな風景を見ているのでしょうか。

Photo_9
慰霊と復興のモニュメント
COSMIC ELEMENTS
午前9時~午後5時

|

« 阪神淡路大震災から20年 | トップページ | フィオナ・タン まなざしの詩学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/60990018

この記事へのトラックバック一覧です: 慰霊と復興のモニュメント:

« 阪神淡路大震災から20年 | トップページ | フィオナ・タン まなざしの詩学 »