« インターステラー、星と星の間 | トップページ | 穏やかな善き年であれ »

2014年12月28日 (日)

生田神社も迎春準備

Photo
 思いのほか早くやってきた寒波で冷え切った年の瀬になりました。お正月も寒くなりそうな予報です。でも初詣で客を迎える神社は、いまがいちばん忙しい時。毎年200万人以上の初詣で客でにぎわう生田神社の様子をちょっと見てきました。
 東急ハンズの横の鳥居をくぐると、参道には早くも神戸を代表するホテルやお店やブランドの看板が掲げられている。灯ろうのようなものもずらりと立つのでしょうか。準備は着々と進んでいるようです。
 

Photo_3
 楼門の前には立派な門松が! ん? フツーは門松でしょ、というところだが、よく見るものとちょっと違う。真ん中に大きく一本、それも松じゃない。杉なのだ。これは『杉盛り』というそうだ。なんでも生田神社はまだ布引の山に社殿があった大昔に、松の木が倒れて社を壊したことから松を忌み嫌うようになったそうな。だから門松を飾らないどころか境内に松の木は一本もない。社殿の裏には広大な生田の森がありますが、もちろんここにも一本もありません。
 ちょっと説明が長くなりすぎましたが、この杉盛りから注連縄が門に向って何本も張ってある。なるほど、この下をくぐってお参りするのか。

Photo_4
 門を入ると両側にお札やおみくじ、お守りや破魔矢、干支の置物や飾りを売るテントがずらりと並んでいる。左手の生田神社会館の前には干支の大絵馬も奉納されている。「祥光致福大羊」というタイトル。羊は祥なり、めでたい羊・月・星の光が年の始に福を呼ぶ。というよくわからない説明がついていました。そういえばこのヒツジ、宇宙遊泳しているみたいで不思議な雰囲気。
 ここは恋愛成就で有名な神社なので、ふだんから若いカップルの姿が多い。それも全国から来ているようだ。松の木が一本もない神社なんて全国でも珍しいと思うから、いっそのこと『待つ』ことなく恋愛成就するありがたーい生田神社、と再プレゼンしたらもっと参拝客が増えるかも。スミマセン、余計なお世話でした。

|

« インターステラー、星と星の間 | トップページ | 穏やかな善き年であれ »

神戸のイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/60874583

この記事へのトラックバック一覧です: 生田神社も迎春準備:

« インターステラー、星と星の間 | トップページ | 穏やかな善き年であれ »